2009年12月31日

オメデトウ

ここマルキョクではNew Yearは一年でもクリスマスと並んで最も大きなイベントの一つです。わが家でもパラオ中から親戚が集まってパーティが開かれました。

バーベキューや刺身、タロイモといった、だいたいいつもの定番メニューなのですが、今日はバーベキューの横に、なにやら謎の鍋を発見しました。
NewYear.jpg NewYear2.jpg
いつものバーベキュー       謎の鍋

 自分 「このでかい鍋何作ってんの?」
 親戚A 「亀だよ。亀」
 自分 「あ、亀ね。・・・・・・え、亀?
NewYear3.jpg
こんな感じで出てくるのですが、食べてみると食感、味ともにほぼ鶏肉のような感じです。事前に亀って言われなければ分からないかも。
その他にもナポレオンフィッシュなど普段あまり食べないもの(食べてはいけないもの)が食卓に並びました。(亀はオフィシャルには2月から捕獲OKです。)


その後パーティもほぼ落ち着き、部屋で本を読みながらウトウトしていると、突然家の前の道に車が数十台ほど連なってやってきました。子供たちが荷台に乗ったり周りを歩きながら、みんな「Happy New Year!!!!」と大声で叫んでいました。
NewYear4.jpg NewYear5.jpg
突然おびただしい数の車が・・

時計を見るともう午前1時を回っていました。

近くまで行ってみると大人たちがキャンディを地面に投げ、子供たちがそれを拾い集めていました。子供たちはこうして各家庭を回っているそうで、ちょっとハロウィンのような感じです。

それにしても突然ものすごい熱狂ぶりでした。

マルキョクでは毎年恒例の行事だそうで、これをもってマルキョクでは新年が始まります。
このイベントのことをパラオではオメデトウといいます。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月30日

さよならMechas!

今年も残すところあと2日。今日は職場にて今年いっぱいで定年退職になる同僚の送別会がありました。彼女はここで30年以上も働いていて職場の裏ボス母親的な存在でした。
自分もよく、
「すぐに水運んで来なさい!」とか
「これ残り全部食べなさい!」とか
時に理不尽な要求をされることもありましたが、基本的には非常に親切にしてもらいとてもお世話になりました。

パラオでも定年は60歳だそうです。

お昼にうちの部門の会議室を使って小さなパーティをしました。
Farewell.jpg
きっと最近のこの連日のパーティが健康に悪いんだと思いますが・・。
Farewell2.jpg Farewell3.jpg

作成したスライドショーをみんなで一緒に見て彼女の定年退職を祝いました。パーティの様子を見ていて本当にみんなに慕われていたのだと感じました。パラオではこうして随所で年長者が敬われているのを感じます。

これで来年からはうちの部署は自分を除くとBudget部門3名、Planning部門1名となり、同僚の話によるとここ1年でほぼ3分の1になってしまいました。新しい職員は一人も入ってきません。

これまでうちの部門がしてきたのと同水準の仕事はすでに出来ていない状態です。

しかも、
Budget部門
残った職員3名はいなくなった人の分の仕事も引き受けることになり仕事が大幅に増え、「仕事の量は増えるのに給料が上がらない」といって現状に対しての不満をよくこっそり言ってくる。別の仕事を探してここを早く辞めたいと言う時もある。
Planning部門
現在海外休養中のボスがほぼすべてを握っており、残された職員は統計データがどこにあるのかなど基本的なことが分からず業務ができていない。実質開店休業状態がずっと続いている。

部門の存続さえ危ういです。

ボランティア活動についても当組織の中だけではできる活動が非常に限られるため、来年は見直していく必要があるのではと思っています。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

健康診断

パラオに来てちょうど半年が過ぎたのでJICAの規定に従いコロール市内の病院で健康診断を受けました。
コロールにはパラオ国立病院(Belau National Hospital)という国立の総合病院があるのですが、今回はJICA事務所近くのヤノ・クリニック(Belau Medical Clinic)という病院にいきました。
yano.jpg
ヤノ・クリニック

ここでは健康診断は朝受診して夕方にはもう結果が出ます。

基本、今まで健康に問題があったことはないので、今回もまず問題ないだろうと思って夕方病院に結果を聞きに行ったのですが、担当のフィリピン人の女医さんが説明してくれ、

 自分 「どうでしたか?」
 先生 「う〜んToo much コレステロールねぇ」
 自分 「え?、ふつうはどのくらいの数値なんですか??」
 先生 「普通は200くらい」
 自分 「で自分は?」
 先生 「うん、ぶっちぎりの265mg/dl
Coresterol.jpg
動脈硬化性疾患診療ガイドライン 2002年版より

パラオに来て日本より遥かに運動もして健康的な生活なはずなのにわずか半年で265を叩き出しました

 先生 「ねぇ、薬とダイエットどっちがいい?」
 自分 「・・・ダイエットで」
 先生 「じゃ、牛肉禁止、豚肉禁止、揚げ物禁止、ナッツ類禁止、ケーキ禁止ねるんるん
    で、1ヵ月後に下がってなかったら薬だからひらめき

同僚にこのことを言ったら、
「これ以上やせてお前は死ぬ気か?」
Co-worker.jpg
同僚のパラオ人(結構みんな大柄)

って言われました。ちなみにパラオ人の肥満率はアジア地域よりも断然高く平均BMI(体格指標)は約30%だそうです。彼らから見ると普通の体型の日本人はみんな痩せすぎの部類に入ります。

でもとにかくダイエットしないと薬治療になってしまうので、この先1ヶ月はアスリートばりの節制生活をしなければならなくなりました。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 20:13| Comment(7) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。