2010年01月03日

すべての道はバイに通ず

マルキョクにはストーンフェイスという観光ポイントがあります。「地球の歩き方」をはじめ色々な海外のガイドブックにもよく掲載されています。
実際にはマルキョク小学校横の民家の軒先にこんな感じであります。
Stoneface.jpg
マルキョクのストーンフェイス

でもこれはただのデカイ石です。

マルキョクに住んでいてもよっぽど注意深く見ていないとその存在に気がつきません。いつ誰が何の目的で作ったかも判明していないので、現地のパラオ人もほとんど興味を示していないですし。

このストーンフェイスのから少し南側に行くと、塀に囲まれたとても個性的な建物があります。パラオでは塀のある家は非常に珍しいのでひと際目立ちます。
ChiefResidence.jpg ChiefResidence2.jpg
えらく派手です

実はこれ、大酋長(High-Chief)の家族の住居なんだそうです。

家のすぐ脇に小道があったので上ってみました。
途中からは整備された石畳の道になります。
StoneRoad.jpg
石畳の道

そしてさらに結構急なのぼり坂をずっと上っていくと・・・。

あれ?

Bai4.jpg
なんとマルキョクバイにたどり着きました。

州政府隣の入り口からはここは500m以上は離れているのですが・・。2つの地点から西に向かって道を上っていくとなぜか同じマルキョクバイにたどり着きます。

バイに通じる道が州政府と酋長の住居の両方から伸びている。
果たしてこれは偶然なのでしょうか・・?

人気ブログランキングへ
posted by yort at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。