2010年01月06日

間違ったラーメン文化

パラオでの食事はやはり近海で取れる魚を中心としたものになりますが、そんな中で意外なものがよく食されています。
それはなんとカップラーメンです。

パラオではこの日本発の即席ラーメンの人気がとても高く、老若男女を問わずうちの家庭でもオフィスでもみんな大好きです。
田舎のどんな小さいお店の棚にもカップラーメンが並んでいます。
(その割にラーメンを提供するレストランはほとんどないですが・・)
CupNoodle.jpg CupNoodle2.jpg
陳列されるカップラーメン

たまにパラオに売ってないような、ちょっと高級なカップラーメン(ラ王とか)を日本から送ってもらって持っていたりすると、もうみんな大喜びでちょっとしたお祭り騒ぎになります

そんなパラオ人ですが、でもひとつだけどうしても気になる点があるんです。それは彼らのカップラーメンの食べ方です。

◆パラオ的カップラーメンの食べ方(うちのオフィスだけかも)
 1.お湯を入れる
 2.電子レンジで暖める
 3.食べる(3分待たない!!)

なんとこの「3分間じっと待つ」という全世界共通のルールを平然と破って食べはじめます!!!

 自分 「おいおい、ちゃんと3分待たないとダメだよ〜。美味しくないし。」
 同僚 「でもこっちのが早いし。」
 自分 「いやいや、この3分待つのも含めてカップラーメンなんだって!」
 同僚 「だって早く食べたいもん揺れるハート

まったく噛み合いません。
今のところうちの同僚のパラオ人にはこれが理解してもらえません。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 09:27| Comment(2) | TrackBack(0) | パラオの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。