2010年01月11日

知られざるコラボレーション

家の敷地内にはこんな感じの古いドラム缶が至る所に置いてあるのですが、これって何だか分かりますでしょうか?
Komi.jpg
???

正解は
KOMI → コミ → ゴミ
で、ごみ箱のことです

こんな感じでパラオにはそのままパラオ語になった日本語や日本語を由来とするパラオ語がたくさんあります。

あとこれ、
parrot.jpg
オウム(白いものは外来種)

これはオウムですが、パラオ語ではヤッコチャンといいます。

オウムは日本統治時代に初めはペットとして持ち込まれたのですが、そのオウムがたまたま“やっこちゃん”と言う名前だったそうです。その後パラオでオウムが野生化して繁殖したのですが、合わせてこの名称もオウム一般を指す言葉としてが定着したそうです。

その他にも日常生活の中にも非常に多くの日本語が取り入れられています。家庭にある物もデンキ(電気)とかテンジョー(天井)とかセンプウキ(扇風機)とか日本語がそのまま通じるものが非常に多いです。
サッポロイチバンとかアサヒ(ビール)とかも通じます。

英語が堪能なパラオ人同士はよくパラオ語と英語を混ぜて話をじます。

今朝、出掛けにうちのホストマザーが娘に、
Close the mado!
と何気なく言っていました。

これ、漢字で書くと、
Close the 窓!
です!

日本だったらただの英語ができない中学生ですが、パラオではこれを母親が真顔で言い、娘はふつうに「はーい」といって窓を閉めているんです。

しかもこれだけ堂々と話すと全く違和感がないです。
むしろある意味美しささえ感じます。

日本人もアメリカ人もイギリス人も誰も知らない太平洋の真ん中で、こんな不思議なコラボレーションが実現しています。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 13:27| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。