2010年01月16日

ウォーカソン

パラオではよくウォーカソン(Walk-a-thon)大会が開催されます。

歩き(Walk)+マラソン(Marathon)=ウォーカソン(Walk-A-Thon)
なのでもちろん走っても歩いてもどっちでもいいということで、コロールなどでは土曜や日曜の朝、結構頻繁に行われていてパラオではけっこう国民的スポーツ(?)です。

今日は、パラオ国際珊瑚礁センター(PICRC)の創立9周年を記念してウォーカソンが開催されました。今回はちょうど週末にコロールに滞在してたし、上位100名まではTシャツがもらえるということだったので出場することにしました。

珊瑚礁センターをスタートし、コーズウェイ(Causeway)を渡ってアラカベサン島の旧大統領府を折り返して戻ってくる5kmの部にエントリーしました。
他にはパラオ・パシフィック・リゾート(PPR)を折り返す10kmの部がありました。

朝5時半、まだ真っ暗なうちに集合し受付を済ませて朝6時過ぎにスタート。
Warkathon.jpg
スタート地点の珊瑚礁センター

最初のうちは他の参加者と一緒に歩いていましたが、せっかくわざわざコロールまで出て来たんだからと思ってちょっと走り出してみました。

みんな意外とゆっくりペースでどんどん前のランナーが抜けて行けてちょっと気持ちいい。

そんな感じで1kmほど走ってコーズウェイの手前まで来ると、長い直線になっていて道の先に先導車のパトカーが見えました。
その後ろには1、2、3、・・・だいたい10人くらい
何かもうちょっと行けそうかなと思ってペースアップ。
Walkathon3.jpg
アラカベサン島に向かうコーズウェイからの眺め

コーズウェイを渡り終えて先頭集団が折り返し地点に近づいたときには前のランナーはあと3人
しかしそのうち2人は10kmの選手でそのまま折り返し地点を通り過ぎていってしまい、気がつけば残るはあと1人に。

「お、これはもしかして優勝か?」と思いちょっと本気でペースアップ。

折り返し後のコーズウェイ手前でついにトップのバングラディシュ人を抜いてトップに

もう楽勝かと思ってコーズウェイですれ違うJICAや日本大使館からの参加者に手を振って余裕で応えていたら、急にきつくなってきたので給水所でちょっと立ち止まって休憩。

バングラ人が追ってきたので再び走り出し、なんとかそのまま1位でゴールイン!
終わってみればなんと5kmの部優勝!!

もちろんTシャツもゲットしました。
Walkathon2.jpg
Tシャツはいまいち

レース後、2位のバングラ人が近くにいたので「ありがとう」と握手をして、いろいろと話しました。
まだ20台前半くらいの感じのいい若者でした。

しかし最後に、
「ま、ここ4ヶ月は練習していなかったからね〜」
と余計なことを言ってきたのでむかっ(怒り)

「俺なんて
 4ヶ月どころか未だかつてちゃんと練習したこともないし、
 靴は普通のスニーカーで運動靴じゃないし、
 ズボンもただの海パンでなんかヒラヒラして走りづらかったし、
 昨日はちょっとビール飲みすぎてアルコール残ってたし、
 3時間しか寝てないし、
 最初の1分ぐらいはのんびり歩いてたし、
 そもそもTシャツ狙いで全然頑張るつもりなかったし

て言い返そうかと思いましたが(こんなときばっかすらすら英文が浮かんできましたが)大人気ないのでやめときましたひらめき

スポーツマンらしくお互いの健闘を称えあい、いつかのレースでまたの再開を願って別れました晴れ

人気ブログランキングへ
posted by yort at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。