2010年01月17日

パラオといえば

コロール在住の日本人の人達といっしょに久々にスキューバダイビングに行って来ました。パラオにいるとダイビングなんていつでもいけると思いきや、最近は何かと忙しく気がつくともう3ヶ月以上も行ってませんでした。

前回、船酔いしまくりでボートから魚にたくさん餌をあげてしまった教訓を活かし、今度はしっかりと酔い止めを飲んで出発。

1本目:ジャーマン・チャネル(German Chanel)
ここはかなりの高確率でマンタがやってくるポイントとして有名。
前回もここで初めてマンタを見てちょっと感動したのを覚えています。
しかし今日は数分間じっとマンタを待つも現れず。

2本目:ニュー・ドロップオフ(New Drop-off)
水深200mくらいまで落ちているドロップオフ。
潜ってみるとここは透明度が抜群で海が本当に青くとても綺麗。
ドロップオフが食い込んでいるところまで行くと、少し流れがあり岩場に捕まりながら魚を観察。
アオウミガメやナポレオン、サメやバラクーダの群れなどたくさんの魚が次から次へやってきて、魚の量・種類ともにおそらく今までで一番でした。
ヨスジフエダイのカラフルな色合いもとても印象的でした。
Yosuji2.jpg
実際の写真じゃないけど・・・ホントこんな感じ

最後にフィンが取れて危うく流されるところでしたがバディとガイドさんに助けてもらいました・・。

3本目:ヘルメット・レック(Helmet Wreck)
一旦、ショップに帰ってきた後、3本目のダイブとして近場の内海でレックダイブをすることになりました。
先の大東亜戦争で米軍の攻撃により沈没した日本軍の船を見るというパラオならではの沈船ダイブとなりました。
全体的に視界が悪く、海の中は暗く幽霊船のようでちょっと不気味に見えました。

しかし慣れてくると、船の中に入れたりしてちょっと探検気分が味わえて、これはこれでなかなか楽しい。もちろん魚もたくさんいました。
Tsuji100th2.jpg
調子に乗ってタイタニック

この3本目、ちょうど一緒に潜ったメンバーの一人が記念すべき100本目のダイブでした。
ショップから100本記念Tシャツをプレゼントされ記念に一枚。
Tsuji100th.jpg
100本記念

久々のダイビングでしたがやっぱりパラオの海は美しいと改めて実感!!
でもさすがに3本はちょっと疲れました。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。