2010年01月25日

弟子入り

パラオ語には子音(consonants)が、b、d、k、l、m、n(ng)、s、t、rの9個しかありません。よって英語のようなjやpなどの発音がなく、Japanもj→s、p→bと子音が変化して、日本(Japan)のことをパラオ語ではシャバール(Siabal)といいます。

パラオ人は小学校から英語を習うし、テレビや新聞、本や学校の教科書まで(!)英語のものが多く、発音はパラオ風ですが大抵みんな英語ができます。

なので英語が不自由なく通じるので、旅行などでパラオを訪れるときっととても過ごしやすいと思います。しかし実際に住んでみると分かりますがパラオ人同士ではほとんど英語は喋りません。
職場でもずっとパラオ語で、自分と話すときだけしょうがなく英語という感じで、パラオ人の同僚どうしで何を話しているのかは全くわかりません。

 同僚A 「#@$□%△*%」
 同僚B 「$■@#○シャバール*%&☆」 ←シャバールだけ聞きとれる
 自分   「ん?」
 同僚C 「#@$□%△*%シャバール
 全員   「はっはっはっはっはー(爆笑)」
 自分   「えー!何?なにーー??

微妙に分かる単語が混じるので、自分のことを話してるんじゃないかと思って会話が気になるし、さらに、会話が盛り上がってたりするとますます余計に内容が気になって、これが1日中耳から入ってくるので、だんだんストレスがたまってイライラしてきます。
Plauan.jpg
パラオ人同士はまず英語で喋らない

さすがにこれがあと1年半も続くと精神的につらいので、ここはパラオ語を理解してしまえばいい!と珍しく前向きに思って、この前うちのホストマザーに相談したら、

毎週末に家に来る親戚の一人がパラオ語の先生らしく、以前にマルキョク小学校に勤務していた協力隊員にもパラオ語を教えていたとのこと。

さっそくその親戚と交渉開始。

 自分 「パラオ語を勉強したいんですが・・」
 師匠 「いいわよ」
 自分 「毎週何曜日だと都合いいですか?」
 師匠 「やるなら毎日でしょ
 自分 「え?ま、毎日ですか・・
 師匠 「当たり前じゃないの!じゃあ毎日夜7時に家まで来るように!」
 自分 「はい。わかりました・・

というわけで師匠に弟子入りすることになりました。

今日はその第1回目。仕事のあとさっそく師匠の家に行ってきました。
Palauan2.jpg
師匠宅入口

30〜40分で内容も初回なのでそんなに難しくはなかったのですが、なんか精神的はにすごくつかれました。

このペース(毎日)で続くのだろうかとちょっと心配です・・。

人気ブログランキングへ
タグ:パラオ語
posted by yort at 20:33| Comment(2) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。