2010年02月11日

パラオ創造

2月11日は、日本では建国記念の日(National Foundation Day)です。
もともとは紀元節で、紀元前660年に初代天皇の神武天皇が奈良の橿原宮で即位した日と言われています。

祝日の話から、なりゆきで日本の建国について同僚のパラオ人に話をすることになりました・・・。

日本の創世神話ではイザナミという神様が、その妻イザナギと一緒に天の浮橋の上から、海の中に宝石を散りばめた槍をおろし、その槍をひき戻した際に槍の先から落ちた汐のしずくが次々に固まって島となり日本列島ができたこと。

イザナギは多くの神々を生み、その中の一人に太陽の女神、天照大神(アマテラス)がいて、天照大神は孫のニニギノミコトを地上に降りたたせ新しい国土を統治することを命じたこと(天孫降臨)。

ニニギノミコトの5代後にジンム(神武)という子孫がいて、この子孫が日本の初代の天皇(神武天皇)となったこと。
Jimu.jpg
神武天皇 月岡芳年「大日本名将鑑」より

現在の天皇はこの神武天皇の父方の直系で125代目に当たること。

ニニギが天孫降臨の際に天照大神から贈られた大きな勾玉、神聖な剣、青銅の鏡は三種の神器として今もなお天皇の地位の象徴となっていること。

日本にはこの建国の日を起源とする皇紀という暦が今もあり今年は皇紀2670年にあたること。

 パラオ人同僚 「・・・・・・・・・」

大東亜戦争でも活躍した日本海軍の戦闘機ができたのが1940年で皇紀2600年。この戦闘機は零式艦上戦闘機(ゼロ戦)と呼ばれたということ。

 パラオ人同僚 「・・・・・・・・・(申し訳程度に)へぇ〜。」

英語が拙かったのかそもそも興味がなかったのかみんなポカーンとしていました。おそらく20〜30%も伝わらなかったと思います・・もうやだ〜(悲しい顔)


実はパラオにもこうしたパラオ創世の神話があります。

その昔、海には何ひとつなかったといいます。
やがて海の中で陸が育ち始め、深く暗い海はしだいに浅く明るくなり、その浅い海でシャコ貝が生まれた。

シャコ貝は大きくなって、その中でラトゥミカイク(Latmikaik)という海老のようなものが育ちました。そしてラトゥミカイクは身ごもり人間の子と魚の子を産みました。
palau13.jpg
シャコ貝

ラトゥミカイクは次々に子供を産んでいき、人間の子は浅い海、魚の子は深い海に住むようになりましたが、人間の子の数がとても多くなってきたので、子供たちに海の底から珊瑚を持って積み上げ陸を作らせました。
(このことから今でもアンガウル島周辺には珊瑚礁がないと言われている)

ラトゥミカイクの子供の一人にウアブ(Uab)という息子がいて、ウアブはアンガウル島のある集落へ行きそこで暮らすようになります。ウアブはそこで成長するにしたがい巨人になっていきました。
uab.gif
ウアブの物語はとても有名

毎日毎日、村人たちは彼に食べ物を届けたが、ウアブは体が大きくなり何でも食べてすぐに足りなくなってしまい、村人たちは自分たちの食べるものすらなくなり困り果ててしまった。
さらにウアブは島の牛や子どもまでも捕まえて食べるようになってしまい、ついに村人たちはウアブを殺すことを決心する。

ある時、ウアブが長い昼寝をしたのを見計らって村人たちは彼の周りに薪を並べた。薪に火をつけるとウアブは目を覚まして驚き、怯えて火の輪から飛び出ようとするが、手足を縛られていて逃げられずにウアブは島の端から苦しみながら海に倒れ込んだ。
その亡骸はばらばらになり、今日ではパラオと呼ぶ島々になった。
palau_island.jpg
パラオ諸島

頭はアルコロン州、首がガラルド州に、
胴体はバベルダオブ島になり、
コロールやロックアイランドは、飛び散った体の一部だと言われています。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

ペリリューの青い海

ペリリュー島はダイビングスポットとしても人気が高く、近くにはペリリューコーナーなどの有名なポイントが数多くあります。

しかしこのペリリュー近海は潮の流れがとても速い激流ポイントで、いままで何人ものダイバーが命を落としているという上級者向けのポイントです。
でもせっかくペリリューに来たのだからペリリューの海に潜りたいと思い、地元のダイビングサービスに確認してもらいました。

 「いままでに5000本くらいは潜ってないと・・・。ちなみに何本ですか?」
 「えーっと、じゅ、10本ちょっとです

さすがにこれは桁が違いすぎるので諦めました。
peleliu2-1.jpg
激流と言われるペリリューの海

代わりにNorth Dock付近からシュノーケリングに挑戦しました。
滞在していた約2km先の海沿いのホテルまでシュノーケリングに挑戦しました。

綺麗な珊瑚や魚の群れを想像していたのですが、実際は

草だらけ!
珊瑚も魚もいない!
透明度も悪い!
しかもどこまでいっても浅い!(ひざ下ぐらい)

手を伸ばせば地面に届きそうな状態で
草で前が見えず草を掻き分けながら進みました。

ホント草しかない!
seagrass.jpg
この100倍はあった・・。

草に囲まれた2kmのシュノーケリングは困難を極めました・・。
後で聞いた話によるとどうやら場所がまずかったとのこと。
海岸沿いではなく沖に向かって行かなければいけなかったようでした。

結局ペリリューのきれいな珊瑚&魚は何ひとつ見れず。
次回持ち越しになりました。
peleliu2-2.jpg
ペリリューの青い海

あと戦跡も、

島の北部にあるという大規模な地下洞窟陣地も見たいし、

丘の上に立てこもってアメリカ軍とたった1人で数日間に渡って戦い、機銃掃射で86名のアメリカ兵を倒したという若い女性兵士の話の舞台も見たいし、

そもそもペリリュー島 1日や2日ではとても足りない!
今度また来てゆっくり見たいと思いました。

今回は天候にも恵まれ、一部失敗企画(?)もありながらも楽しい旅行となりました。

旅行で訪れると離島は新鮮だしリラックスできてとてもいいです。
自分の住むバベルダオブ島もきっとそうなんだと思いますが、
実際に暮らすとなると、

都会と違って地方での生活は不自由が多く、
日用品一つ揃えるのにも大変な労力がかかり不便だし、
娯楽的なものもほとんどないし、
何かあっても相談できる日本人もいないし、
孤独を感じることも多く、

はっきり言って生活の大部分は嫌なこと辛いことばかり。
peleliu2-3.jpg
地方での生活は大変

でもたまに、
パラオ人が時折見せるやさしさとか、
日本やパラオにいる友人の励ましとか、
ふとした時に感じるパラオの美しい自然とか、


そういったものが自分の離島での生活を支えてくれます。
これからも頑張ろうという気持ちをなんとかつなぎとめてくれます。

パラオへ来て7ヶ月。
多くの人に助けられ元気をもらって来たように思います。

帰りのボートでそんなことを考えていたらいつの間にか眠っていました。
peleliu2-4.jpg
帰りのボートから

ステートボートは定刻どおり午後5時過ぎにマラカル島波止場に到着しました。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 21:36| Comment(9) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

ペリリュー島へ

コロール在住のボランティア隊員といっしょにペリリュー(Peleliu)島に行ってきました。
ペリリュー島には同期隊員も派遣されているので、以前から行きたいと思っていたがなかなか行けず、延び延びになっていたのですが今回やっと実現しました。

ペリリューへはコロールのマラカル島の波止場からステートボート(StateBoat)と呼ばれる定期船が毎日(土曜日を除く)出ています。

お昼過ぎにFisheriesと呼ばれる波止場に集合してステートボートに乗船。普段ダイビングとかに行く時に乗るスピードボートと違って小型のフェリーのよう。
peleliu8.jpg
ステートボート(意外とデカく車も積める)

ロックアイランドの美しい島影を左手に見ながら一路ペリリューへ。
peleliu18.jpg

3時間かかってようやくペリリュー島の北波止場(North Dock)に到着。
peleliu7.jpg
ペリリュー島北波止場(North Dock)

ペリリュー島は約13平方キロとコロール島とほぼ同じ面積ながら人口はコロールの10分の1以下の約700人ほど。上陸するとコロールとは違ってとてもゆったりとした雰囲気。通行人もみんな挨拶してくれ、どちらかといえばマルキョクなどバベルダオブ島の集落に近くとても静かな時間の流れを感じます。
peleliu6.jpg
ペリリューのメインストリート

この日はちょうどペリリュー隊員の誕生日だったので彼女のステイ先(ホテル)でみんなでお祝いをしました。
peleliu15.jpg
ホテル

翌日、朝からさっそく島内探索に出発。
ペリリュー島は大東亜戦争末期(1944年9月〜11月)にこの島をめぐって日米両軍の激戦が行われ、当時の激戦の様子を伝える戦跡が今もなお数多く残されています。
今回も島内の戦跡めぐりが中心のツアーになりました。
peleliu9.jpg
ペリリュー探索ワゴン

最初に訪れたのは戦争博物館
当時の燃料倉庫、弾薬庫、野戦病院などいろいろな説がありますが、いずれにしても激しい艦砲射撃や銃撃戦を経て残った建物をそのまま利用した雰囲気のある博物館です。爆撃で破壊された部分はガラスを入れて窓として利用されていました。
日米両軍の激戦の地であることの証明に、資料館内の展示は半々に分かれていました。
peleliu12.jpg
戦争博物館

その後旧日本軍の飛行場を通ってアメリカ軍が作ったペリリュー戦争のモニュメントへ。急な階段を上りきるとそこは360度ペリリュー全島が見渡せる展望台になっていました。
今はジャングルに覆われているこの島が、当時は砲撃によって木が焼けつくされた島だったことを思うと、60年という時間の流れを改めて感じます。
peleliu10.jpg
展望台からの眺め

途中、アメリカ軍の水陸両用戦車と日本海軍の20センチ砲が放置されていました。この戦車の向かいには米軍の捕虜収容所があったそうです。
peleliu.jpg peleliu2.jpg
戦車                 大砲

ペリリュー神社
日本の国家ではなく清流社という一右翼団体が戦後に建立したものだそうです。
peleliu3.jpg
ペリリュー神社

ペリリュー島最南端にある平和記念公園
海をはさんでアンガウル島がすぐ先に見える。記念公園の中の慰霊碑はここから遥か北にある日本の方角を向いていました。
peleliu11.jpg
平和記念公園

日本軍の司令部跡
風呂場、炊事場などもあり、どこか日本の昔の学校のような立派なつくり。建物には爆弾の落ちた跡や無数の銃痕が残っていました。
なにより、激しかったであろう艦砲射撃や空爆を受けてもこれだけ原型を保っていることに驚きました。
peleliu5.jpg peleliu14.jpg
日本軍司令部           爆撃の跡

一旦ホテルに戻った後、少し涼しくなったペリリューの街を今度は自転車で南波止場(South Dock)までサイクリングに出かけました。
途中オレンジビーチに寄ると、1〜2キロはありそうな広いビーチには他には誰もおらず辺りは静寂に包まれていました。
peleliu4.jpg
静寂のオレンジビーチ

1944年9月15日、すでに制空権も制海権も有していたアメリカ軍の執拗な艦砲射撃や空爆が数日間に渡って続いた後、第1海兵師団を主力とする約28,000名がこのオレンジビーチを含めた西側の海岸から上陸したそうです。

島内に無数に作られた洞窟陣地で待ち受けていた日本軍守備隊による一斉射撃により、アメリカ軍上陸直後の水際での戦闘では凄惨を極め、戦死戦傷など損失率60%超という大損害を蒙った主力上陸部隊はいったん退却をして別の部隊に差し替えられるなど、アメリカ軍は今までの上陸作戦史上類を見ない損害を出したと言われています。

ここのビーチの砂を鑑定すると、なんといまだに米軍兵士の血が検出されるそうです。

ビーチの脇にはアメリカ軍の慰霊モニュメントが建てられていました。
以前はここはアメリカ兵の墓地になっていたそうですが、戦後すべて掘り返されハワイに移設されたそうで、現在は慰霊碑だけが残っていました。
peleliu13.jpg
米軍慰霊モニュメント

ペリリュー以前の戦いでは太平洋の日本軍守備隊は、激しく抵抗するも組織的抵抗は比較的短期間で終わり最後は万歳突撃で玉砕していたといいます。
そのためアメリカはペリリュー島制圧も2〜3日から1週間程度で終結すると考えていたそうでしたが、アメリカ軍の第1海兵師団と第81歩兵師団を合わせた約48,000人に対して、日本軍の守備隊(約10,000人)は70日以上にも渡って抵抗を続け、結果1万人を超えるアメリカ軍の死傷者(戦闘損害比率4割)を出すという驚異的な戦果を残しました。

◆日本軍
戦死者10,695名

◆アメリカ軍(約48,000名)
戦死者2,336名
負傷者8,450名

先に訪れたペリリュー神社に当時のアメリカ海軍司令官ニミッツ総督の言葉が日米双方の言葉で残されていました。

諸国から訪れる旅人たちよ
この島を守るために日本軍兵士がいかに勇敢に愛国心をもって戦い
そして玉砕したかを伝えられよ

Tourists from every country who visit this island should be told how courageous and patriotic were the Japanese soldiers who all died defending this island.

米太平洋艦隊司令長官
C.W.ニミッツ
 
peleliu17.jpg
ニミッツ総督の言葉

このペリリューでの組織的な抵抗はこの後の硫黄島の戦いにも活かされていったと言われています。

日本軍と聞けば略奪と暴虐の限りを尽くしたという考えが日本ではまだ根強いですが、実際にここペリリューで何があったのか、ここには命を賭して日本を守ろうとした人達がたくさん眠っています。
戦後、多くの日本人が忘れてしまった心がここペリリューにはあるような気がします。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 23:30| Comment(5) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。