2010年04月29日

普天間をパラオに

日本でいま話題のニュースといえば何といっても沖縄の普天間基地移設問題です。
宜野湾市の住宅密集地域にあるこのアメリカ軍海兵隊基地の移設先をめぐって日本政府、沖縄、アメリカ政府を巻き込んでの議論が交わされていますが、辺野古沖への移設という現行案に替わる移設先がなかなか見つからず早期の決着は難しい状況です。
futenma.jpg
普天間飛行場

そんななか先日パラオの上院議会が、なんとこの普天間のアメリカ海兵隊基地をアンガウル島に誘致するよう大統領に求める決議を採択しました。
アンガウルに基地ができれば援助も期待できるし経済効果も得られる。
今月はじめに社民党の議員団が北マリアナのテニアン島を視察に訪れたことを引き合いに出し、それならばパラオにもとの経緯だそうです。

アンガウル島は第2次大戦中に10,000フィート(約3Km)の滑走路1本を含む軍の基地が建設されたこともあり、今回は当時のその施設を拡張すれば十分まかなえるとの認識なのだとか。
Angaur.jpg
アンガウル島 右奥が滑走路

ちなみに、コンパクト(自由連合盟約)においてアメリカはパラオに軍の基地を建設して使用する権利が認められているそうです。
この他にもアルモノグイ州はアメリカ軍の演習地、マラカルは原潜基地など・・・、の密約があるという話もあります。

しかしこの案、関連する部隊のいる沖縄からあまりに離れすぎていて実現性はきわめて低いと思われますが、こうした一連の動きにはパラオ政府のしたたかさを感じます。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 11:10| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

白い雲のように

自分の職場はマルキョクの高台に新しく3年前に作られたばかりの場所にあり、マルキョクの集落からは2〜3キロ離れています。

なので毎日この道のりを30〜40分かけて歩いて通勤しなければなりません。自転車も一応あるのですが後半はずっと急な上り坂になっているのでむしろ余計に疲れるので使っていません。

そんななか他の職員はというと、みんな当然のように自家用車通勤です。
Commuting.JPG
スマートに自家用車通勤

たまに汗だくで泣きそうになりながら急な上り坂を歩いてると、みるに見かねて「乗ってくー?」と声を掛けてくれます。たまに暑くて耐えられないときなどははこっちから手を上げて乗せてもらう時もあります。

パラオには公共交通手段がないので、マルキョクから中心都市コロールに行く必要があるときも、もちろん車を持ってる人に頼み込んで便乗です。

JICAの海外協力隊の方針には
『現地の住民と同じレベルの生活をすることを通じて・・・』
との旨の記載があるのですが、
これは明らかに現地の住民より生活レベルが低いです。

職場ではいつも偉そうにコンピューターを教えてますが、一歩外に出るとこんな猿岩石ばりの生活になります。
Hitchhike3.JPG
デフォルト荷台

こういったパラオ人の好意はもちろんとても嬉しく思うのですが、

そもそも先進国の日本から援助のために途上国にきているのに、現地の人々より生活水準が低くて、彼らの援助をあてにして生活しているこの状態が、はたして本当に海外ボランティアのあるべき姿なのだろうか・・?

たまにそんな素朴な疑問が沸いてきます。
Hitchhike4.JPG
ま、たまになら全然ありですけど・・

人気ブログランキングへ
ラベル:パラオ 生活水準
posted by yort at 21:29| Comment(2) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

カイトボード

カイトボード
専用のカイト(凧)を用いて、ボードに乗った状態で、水上を滑走するウォータースポーツである。カイトボーディングは、ウェイクボードのようにグラブやロールなどのマニューバを主目的とし、フリー・ライディング又はフリー・スタイルと呼ばれる。
(Wikipediaより)


パラオはその周りを環礁に囲まれておりリーフの内側には遠浅な海が広がっています。さらに毎年11月〜4月の乾季には北東からの貿易風が安定して吹くためカイトボードに適しているといわれています。

先月、すでに帰国した先輩隊員といっしょにカイトボードをしてカイトの操作方法を教えてもらっていたので、今日はそれを踏まえて、実際にボードに乗って水上を滑走するところまで挑戦しようと思いました。
kiteboard.jpg
こんなイメージ
さっそく家の前のビーチでカイトボード開始。

しかし、風が全体的にとても弱く、しかもコントロールバーをいくら操作しても何故かカイトが思ったように動かず、カイトがちょっと上がったかと思ってもすぐに海の上に落ちてしまい、結局1〜2時間トライしましたがボードに乗るどころかカイトをまともに操作することもできずに終わりました。

でも確かに風が弱かったというのもあるのですが、なんか以前に行ったときとは全然勝手が違う!

変な違和感があったのでビーチに戻ってよく調べてみたら、なんとカイトとライン(糸)の接続が間違っていました。

上も下も、
右も左も、
ていうかすべて

むしろあってるところを探すのが困難なくらい間違っていました。

そういえば、カイトの操作は教えてもらったけどカイトの接続の仕方は何にも教わってなかったなーとこのとき気がつきました。

その後Webなどでカイトボードについて情報を見ていると、
「カイトとラインの接続は間違えるとカイトがコントロールできずに暴走し大事故につながるので特に注意が必要!」


むしろ今日は風が弱くてよかったのかもしれませんたらーっ(汗)

次回はこの教訓を活かしてイメージどおり滑走したいと思います。
kiteboard2.jpg
こんなイメージ

人気ブログランキングへ
posted by yort at 20:34| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。