2010年04月08日

世紀の合併

パラオでは各州に一つずつ公立の小学校があります(コロールはもっとありますが)。マルキョク州では集落のほぼ真ん中辺りにマルキョク小学校があります。1年生から8年生(日本なら中2)までで全校生徒数は32人
ElemSchool.JPG ElemSchool2.JPG
マルキョク小学校

うちのホストマザーはマルキョク小学校で先生をしているのですが、ママさんの担当する3年生はわずか2人。中には1人という学年もあります。

少人数だと丁寧に教えられて個人的にはメリットばかりのような気もしますが、体育の授業ではできることが限られるなど、デメリットも色々とあるそうです。

ところが新大統領の下、最近の緊縮財政によるコスト削減策の一環で、この州ごとに小さな公立小学校をいくつも運営するやり方では、先生の数もたくさん必要だしいろいろとコストがかさみ非効率とのことで、小学校の統廃合が議論されています。

バベルダオブ島東海岸では、ネサール(Ngesar)州とニワール(Ngiwall)州の小学校を廃止してマルキョク小学校に統合し、ネサールとニワールの生徒はバスで通学してもらう計画が検討されています。
これによって生徒数は112人にまで増えるそうです。
Bus.JPG
スクールバス

この案、マルキョクの人たちは概ね賛成だそうですが、ネサールやニワールの人たちは猛反発しているそうです。

 「MELEKEOK」ってかかれた制服なんか着たくない
 マルキョク州の州旗なんざ掲揚したくない!


パラオでは16州それぞれのアイデンティティが強いので、この合併はなかなか実現が難しいかもしれません。
ElemSchool3.JPG
マルキョク州の州旗の下で

日本みたいに「まるきょく」ってひらがな表記にするわけにもいかないですし。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 12:09| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。