2010年05月21日

夏の首都

一夜明けてホテルの外に出てみると昨夜とは街のイメージはガラッと変わりそこは静かでいたって健全な街でした。
とりあえず街に出て買い物などをしているといろいろな人に話しかけてくる。。

 フィリピン人「Hello!どこから来たんだ?」
 自分     「パラオから。日本人だけど。」
 フィリピン人「おーパラオか。知ってる知ってるー。えーっと、
         どこの近くだっけ?日本?タイ?シンガポールか?」
 自分     「いや、ぶっちぎりでフィリピンですけど
 フィリピン人「・・・・」
 自分     「・・・(知らないじゃん)

パラオが独立国であることを知らない人も多く、パラオから見るとフィリピンはとても重要な国だけどフィリピンから見るとパラオは世界中の多くの出稼ぎ先の1つにすぎないのだと実感。

この日はアンヘレスを出て、ルソン島北部の中心都市のバギオ(Baguio)まで行くことにしました。

宿の主人によると少し北のダウ(Dau)という街のターミナルからバスが出ているらしく、遠くて歩いていくのは無理なのでトライシクルで行けとのこと。料金は大体100ペソだそう。
さっそくホテルを出てトライシクルを捕まえ料金交渉開始。

  自分  「ダウのバスターミナルまで。いくらだ?」
  運転手 「いくら払う?」
  自分  「うーん、50ペソ!」
  運転手 「70!」
  自分  「60!」
  運転手 「OK!」
60ペソになったが、初日なので相場が感覚的に分からない。
適正なのかボられてるのか・・・。
Angeles5.JPG Angeles6.JPG
庶民の足 トライシクル

ターミナルに着くと今度はやたら親切な男が現れ、頼んでもないのにバスの手配から外貨両替など勝手にいろいろ世話してくれ、さらにはバスまで案内してくれ、
  男   「バス代は500ペソだ、俺が払ってきてやる」
  自分 「はい(と言って払う)」
  自分 「(こいつ、なんていい奴だ・・)」

あとで運転手が来て切符を切ってくれたのですが切符を見ると270ペソ。これは完全にうまいことやられた・・・。

バスはターミナルを出てしばらくすると、途中からは急な山道をずっと走り続け、4〜5時間ほどでバギオのバスターミナルに到着。
Baguio.JPG
山道を走るバス

バギオはルソン島の高地にあり1年を通じて比較的涼しく、フィリピンでも有数の避暑地であると同時に、夏の間は首都機能がマニラから一時的に移転するとのこと。街を歩くとちょっと垢抜けていてとても都会的。
Baguio3.JPG Baguio4.JPG
バギオの街

Baguio2.JPG
ショッピングモールもある

ここは標高1500メートルの高地。街の雰囲気も空気も全く違う印象でした。夕暮れのバギオはとても涼しかった。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 任国外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。