2010年05月26日

天国への階段

バナウェ(Banaue)の街は、山々に囲まれ急な斜面に家々が建ち並び、山間の街のイメージそのままだった。川が流れ田園が広がる風景はどことなく遥か遠くの日本の景色を思い出させてくれた。
Banaue.JPG
バナウェの街なみ

朝早くトライシクルドライバーとホテルの前で待ち合わせ、棚田(ライステラス)で有名なバダッド村へ向かった。悪路をトライシクルでひたすら進み1時間ほどでバダッド村の入り口に到着。

運転手と別れて40分ほど歩くと峠についた。そこからはライステラスが広がるバダッド村へは急な下り坂になる。

最初は一人で行こうと思っていたが、話によると途中少しだけ道が分かりづらい場所があるとの事や、あとちょっと話し相手が欲しくなり、途中にある売店の少女にガイドを頼むことにした。プロのガイドだと通常は1200〜1300ペソかかるが400ペソでお願いした。

村出身の少女はどんどん進んで行ったが、こっちはマイペースで景色を楽しみながら進んだ。バダッド村に着くと辺り一面見渡す限りのライステラスが広がっていた。急な斜面に棚田が並ぶ風景は圧巻の一言!
riceterrace.JPG
どこまでも続くライステラス

その後、ライステラス近くの川を上流へと歩き、タッピヤの滝にたどり着いた。清涼感バツグン。水着を持ってきていればここで泳げたのにと思った。
waterfall.JPG
タッピヤの滝

滝からの帰り道、なんかガイドの様子がおかしい。自分が先に歩いていくが彼女が全然ついてこない。
「あなた、速いわね〜」
でも明らかに彼女のペースが激オチだった。どうやら最初に張り切って飛ばしすぎて完全にバテ始めていた
しかも帰りは少し遠回りしてライステラスの中を歩いて行こうといっていたはずが、 
 ガイド「あたしムリ。こっちの近道にしてもいい揺れるハート
 自分 「あーそうだね。疲れたし。っておい!」

ガイドが客より先にバテてしまいガイドの体をなしていない・・・。子供ガイドの限界を見た気がした。
Guide.JPG
もう限界・・

帰りもまたトライシクルで1時間。フィリピンのこの山岳地帯は風景も人々もすばらしいが、乗り物や道が酷すぎて体への負担が大きい。
バナウェの街に帰ってきたときには疲れ果ててどこにも出かける気がしなかった。

バナウェ周辺のこのライステラス(棚田)は2000年前にこの辺りに住むイフガオ族によって作られたとのこと。地元では天国への階段と言われている。
StairwayToHeaven.JPG
天国への階段

人気ブログランキングへ
posted by yort at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 任国外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。