2010年05月28日

大都会マニラ

気がつくともう1週間近くルソン島の山岳地帯を旅しているので、そろそろ都会的な生活や日本的なものが懐かしく思い、夜行バスでマニラに向かうことにした。

車内はクーラーが効きすぎていて途中何度も目が覚めたが、バスは無事マニラのクバオ(Qubao)市のバスターミナルに到着した。
しかしまだ朝の4時で周りは真っ暗。クバオのどこかに着いたのは確かだが、自分がどこにいるかも分からない。
Terminal.JPG
まだ朝の4時

ここから一歩外に出るとすかさず「どこ行くんだ?」「タクシー?」とすごい勢いでフィリピン人が寄ってくる。

この状態で歩き回るのはちょっと危険なので明るくなるまでターミナルの待合所で待つことにした。
Taho.JPG
とりあえずタホで一息

6時過ぎになるとようやく辺りも明るくなってきた。いままでの観察でどうやら高架鉄道の沿線にいることが分かっていたので鉄道に沿って歩いて駅を目指した。

電車のシステムは日本とほぼ同じなのですぐに理解できたが、ホームは通勤ラッシュなのかとても混んでいる。電車が来ても大きな荷物を持っていてはとても乗り込めず、しかたなく東京の地下鉄ばりに一回逆方向の終点まで乗ってからそこから目的地のマカティ(Makati)市アヤラ駅まで乗った。
manila1.JPG
マニラの通勤ラッシュ

アヤラ駅からは歩いてJICAドミに向かったがマカティ市は驚くほど都会で、高層ビルが建ち並び、飲食店やデパートもあり街は車と人で溢れかえっていた。
manila2.JPG manila3.JPG
大都会マニラ

manila4.JPG manila5.JPG
なんか落ち着く

宿泊場所の施設がある地区には、そこに入る前にセキュリティチェックのようなものがあり、それを受けて中に入るとそこは絵に描いたような超高級住宅街。歩いて5分ほどで宿泊施設に到着。

ちょうど居合わせたフィリピンの協力隊員の方が迎えてくれた。
さっそくシャワーを浴びて清潔なベッドで仮眠を取り、その後クーラーの効いた部屋で隊員の方と日本語で話しているととても落ち着いた。
そういえばフィリピンに着いてから今までずっと緊張しっぱなしだったとこのとき初めて気づいた。

夜はマカティ市の日本人街のリトルトーキョーに連れて行ってもらい日本食を食べてビールで乾杯した。
マニラ最高。なんだか今までの旅の疲れがぬけていくように感じた。
littleTokyo.JPG
リトルトーキョー

人気ブログランキングへ
posted by yort at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 任国外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。