2010年08月09日

パラオ郷土料理

先週末は、会議のため2泊3日でペリリュー島に行ってきました。久々の離島旅行だったにもかかわらずペリリュー滞在中は連日あいにくの雨でした。
帰りに職場とステイ先にペリリューのお土産を買って帰りました。

これ、なんと名前はずばりカリントウといいます。
Karinto.JPG
ペリリューのかんりとう

いまではコロールの売店やスーパーなどでも手に入りますが、ペリリュー島の一見すると普通の民家で製造されています。味はほぼ日本のかりんとうそのままです。

このかりんとうの他にも、実はパラオには各州ごとに独自のお菓子や料理があります。

ここマルキョク州ではチョウチョ(Chocho)というお菓子が有名です。今ではパラオ各地でシューカンなどで見かけますが発祥はマルキョクだそうです。出来上がった形が蝶に似ているというのが名前の由来です。
味は・・・とにかく甘い。
Chocho.JPG
チョウチョ

ガラルド(Ngaraard)州ではDemokというタロの葉のスープがあります。たまにマングローブ蟹の足が入っていたりするのですが、意外とあっさりしていて個人的には好きです。
Demok.JPG
ガラルドのDemok

ニワール(Ngiwal)州ではSubliwalというココナッツミルクにがぼちゃとご飯が入ったスープが有名です。ニワールのシューカンなどに行くとお昼によく出てきます。レシピを聞くとちょっと引きますが、食べてみるとこれはパラオの暑い気候に実は合っているのではと思ってしまいます。

ニワールのSubliwal

今でこそ、一部の離島を除いて車で数十分もあればパラオ中を回ることが可能ですが、かつてはコンパクトロードのような島内の交通手段もなく、州(集落)間の人の移動も非常に限られていたことからこうした各州独自の食文化が生まれたそうです。

狭いパラオですが各州ごとに結構こうした独自の習慣や文化があり驚かされます。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 11:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

白熱!ミクロネシアゲーム

ミクロネシアゲームが始まり、職場の同僚からも
「今週はいつ休みをとってもいいよー。せっかくの機会だから」
と言われてたので、休みをとってコロールでミクロネシアゲーム観戦をすることにしました。

まずはミューンスの水泳会場に行ってきました。
簡単なセレモニーの後さっそく競技がスタート。最初は個人メドレーでした。パラオの選手に対してはさすがに大きな声援が。
swimming.JPG
水泳競技

個人メドレーがひとしきり終わると次は背泳ぎがはじまりました。

出場する選手の一人を何気なく見ていると、どっかで見たな〜思ったら、さっき個人メドレーに出た選手でした。
前のレースが終わっておそらく15分も経っていないのに。
でもよーくみるとその他の選手も見たことある人ばっかり。まだ肩で息してる選手もいました。

その後、自由形になってもまた何人か同じ選手が・・。しかもこんなときばっかパラオらしくなく段取りよく容赦なくどんどん競技が進んでいき、ちょっとしたイジメみたいになっていました
swimming2.JPG
3種目を終えて

どうやらレベルがあまり高くないせいか、速い選手は一人で色んな(ほぼ全部?)種目に出ているようでした。
なので個人のメダル獲得数も半端なく、後で聞いた話によると最高はなんとソープもヘルプスもビックリの14個だったとか!


その後体育館に移動してバスケット観戦。

バスケはステイ先の家族の娘がパラオ代表で出場しているのですが、家族は当日になって急用ができてこれなくなってしまったので、彼らの分までパラオを応援しました。
Basket.JPG
バスケット観戦

各チームごとに戦い方やチームカラーが違っていてなかなか面白いです。
Basket2.JPG
個性派集団マーシャル

ミクロネシアゲーム。各国の意地と意地のぶつかり合いが随所に見れ、確かにレベルは全然高くないですがこれは結構おもしろいかも。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 13:02| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

スポーツの祭典

今日から、ミクロネシア地域で4年に一回開催されるスポーツの祭典、Micronesia Gamesがコロール各地で始まりました。
MicroGame.JPG
ミクロネシアゲーム開幕

このMicronesia Gamesはいわゆるミクロネシア地域のオリンピックで、パラオのほかグアム、北マリアナ諸島(CNMI)、ヤップ、ポンペイ、チューク、コスラエ、マーシャル諸島(RMI)他が参加して行われ、今回はパラオが開催国でした。

初日の今日はコロールのTrack&Fieldで開会セレモニーが行われました。
Opening3.JPG
パラオ選手団

各国の入場行進や大統領のあいさつなどの後、聖火リレーがトラックに入ってきて最後に聖火が点火されるところでセレモニーはいよいよクライマックス!
Opening1.JPG
聖火の点火

実はこのミクロネシアゲーム、数ヶ月前までは財政難により開催が危ぶまれていたのですが、なんとか無事にこの日を迎えることができました。

行われる競技は全14種目で野球や水泳などの一般的なものはもちろん、椰子の木に上ったり、椰子の実を割る速さなどを競うマイクロ・オール・アラウンドというミクロネシアならではの競技もあります。
microallaround2.jpg microallaround.jpg
椰子の実割り(左)と椰子の木登り(右)

すべての選手団をあわせると1000人もの参加者がパラオに集まり、10日間に渡ってコロール各地で熱戦が繰り広げられます。パラオの総人口が2万人なのでかなりの割合です。

今日は開会式に先がけて野球の試合が行われたので、さっそく観戦に行ってきました。ちょうどパラオ対ヤップの試合が行われており、結果は12-0で見事パラオチームの勝利。球場は大盛り上がりでした。
iakiu.JPG
レベルは高校野球の地区予選くらい

明日からいよいよ本格的に競技開始。この開催期間中はみんな仕事そっちのけで観戦に出かけたり仕事どころではなくなるそうです。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。