2010年08月09日

パラオ郷土料理

先週末は、会議のため2泊3日でペリリュー島に行ってきました。久々の離島旅行だったにもかかわらずペリリュー滞在中は連日あいにくの雨でした。
帰りに職場とステイ先にペリリューのお土産を買って帰りました。

これ、なんと名前はずばりカリントウといいます。
Karinto.JPG
ペリリューのかんりとう

いまではコロールの売店やスーパーなどでも手に入りますが、ペリリュー島の一見すると普通の民家で製造されています。味はほぼ日本のかりんとうそのままです。

このかりんとうの他にも、実はパラオには各州ごとに独自のお菓子や料理があります。

ここマルキョク州ではチョウチョ(Chocho)というお菓子が有名です。今ではパラオ各地でシューカンなどで見かけますが発祥はマルキョクだそうです。出来上がった形が蝶に似ているというのが名前の由来です。
味は・・・とにかく甘い。
Chocho.JPG
チョウチョ

ガラルド(Ngaraard)州ではDemokというタロの葉のスープがあります。たまにマングローブ蟹の足が入っていたりするのですが、意外とあっさりしていて個人的には好きです。
Demok.JPG
ガラルドのDemok

ニワール(Ngiwal)州ではSubliwalというココナッツミルクにがぼちゃとご飯が入ったスープが有名です。ニワールのシューカンなどに行くとお昼によく出てきます。レシピを聞くとちょっと引きますが、食べてみるとこれはパラオの暑い気候に実は合っているのではと思ってしまいます。

ニワールのSubliwal

今でこそ、一部の離島を除いて車で数十分もあればパラオ中を回ることが可能ですが、かつてはコンパクトロードのような島内の交通手段もなく、州(集落)間の人の移動も非常に限られていたことからこうした各州独自の食文化が生まれたそうです。

狭いパラオですが各州ごとに結構こうした独自の習慣や文化があり驚かされます。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 11:20| Comment(3) | TrackBack(0) | 食事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。