2010年09月23日

羽根なし扇風機

パラオは北緯2〜8度、東経131〜135度の太平洋上に浮かぶ常夏の島です。なので当然ですが毎日が暑いです。晴れ

そんなここパラオの暑さを吹き飛ばす強力な味方が
Sembuki
です。

パラオ語ではbはよくpの発音になるので、発音はセンプーキとなります。
そう、そのまま扇風機のことです。
クーラーの普及していないパラオの一般家庭においてはこれがないとおそらく暑くてやっていけないと思います。

パラオではよく老朽化した扇風機が家の中で一日中稼動しているのをよく見かけます。
うちのセンプーキはそんな長年のプロセスを経て、無駄なものがすべてそぎ落とされた状態になっています。
Sembuki.JPG

これ、電源を入れると・・・。

Sembuki2.JPG

羽根が消えます。

テレビを見ながらうっかり横を通り過ぎて、
痛ぁっふらふら

夕食が終わってネコに餌をやろうと立ち上がったところで、
う”っバッド(下向き矢印)

よく直撃を喰らいます。

子供だとちょうど顔の高さなので危険極まりないです。

人気ブログランキングへ
ラベル:センプーキ
posted by yort at 16:16| Comment(3) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。