2010年11月12日

ウィルス撲滅キャンペーン

最近、ウィルス感染してしまったPCのウィルス駆除依頼がやたら多くなってきました。話を聞いてみると、日々の業務でUSB接続のFlush driveを使ってデータの交換をしているので、いったん駆除してもすぐにまたそのFlush driveからまた感染してしまうとのことでした。

このFlush drive(いわゆるUSBメモリー)、数年前ぐらいから価格が下がってパラオでも一気に普及し、今やおそらく全社員に配布されています。
USBmemory.JPG
諸悪の根源(?) USB flash drive

普段は「ウィルス対策をしよう〜」といっても、ほぼみんな聞く耳持たずなのですが、e-メール不通という全職員が影響を受けたトラブルの直後だけに、職員の意識が向いている今がチャンスと思い、このFlush drive経由のウィルス感染の撲滅に乗り出しました。

対策は2つ
1.Flush driveのAutorun機能の無効化
Autorun機能とはFlush Driveを挿入したときに自動的にプログラムを実行するという便利な機能なのですが、これでウィルスも自動実行されて感染してしまうのでこれを、Panda USB Vaccineというソフトで無効にしました。
Panda.jpg
Panda USB Vaccine

2.Flush drive使用前のスキャンの徹底
これは今までも何回も言ってきたのですが、今回は貼り紙を作って、それをUSB接続の際に必ず目に付く場所に貼って、嫌でもスキャンを思い出すようにしました。
Campaign.jpg

さっそく、これ大量に刷って部門中のPCに貼りに行きました。
Campaign2.jpg
大量に印刷

在席している各職員に、ウィルスの危険性を説明してスキャン方法を再度確認し、最後にワクチンソフトをインストールして貼り紙を貼っていったのですが、

 職員 「ちょっと!!」
 自分 「はい(さすがにウザかったか?)
 職員 「これ、もっとちょうだい揺れるハート

これが意外と好評で、みんな自分のPCに何枚もベタベタ貼っていました。

PC1.JPG PC2.JPG
意外と好評

なんかいままでで一番食いつきがよかった気がする。
意外とこういう単純方法が効果があったりするのかもしれないです。

人気ブログランキングへ
ラベル:ウィルス
posted by yort at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

メール再開通

今日は、最近の迷惑メール送信の原因となっているウィルス感染PCの特定とウィルス駆除作業のため朝からコロール(Koror)のオフィスに出社しました。コロールは自分が住んでいるマルキョクからは車で約40分。パラオの人口の6割以上が暮らすパラオで唯一の"町"です。

オフィスに到着するとIT担当の同僚が迎えてくれました。
KororOffice.JPG
コロールオフィス

3年前にできたばかりの整然としたマルキョクのオフィスに比べると、さすがに古くからのオフィスだけあっていろいろなものが雑然としている。
KororOffice2.JPG
雑然としたオフィス

システムの現状把握もとても大変で、最終的にはネットワークの配線を1本1本辿っていくことになり、

 自分 「えーっと、これがここにつながって」
 自分 「さらにここに接続されて、それから・・・」
 自分 「・・・(うぇ”〜気持ち悪い)

KororOffice3.JPG
複雑な配線・・・

最後はちょっと具合が悪くなりながらもなんとか問題となっているPCを突き止めてウィルス駆除を行い、SPAMメールの送信が止まりました。

これでやっとメールが正常に使えるようになった。

でも最近はみんなけっこう冷たくて、

 職員A 「どうせまた、そのうち使えなくなるんだろ〜?」
 職員B 「いいよ、最近はgmail使うようにしてるから。」

一度失った信用を取り戻すにはまだまだ時間がかかりそうです。

人気ブログランキングへ
ラベル:メール spam
posted by yort at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

パラオの権威

パラオ国内で最も権力を持った人といえばもちろん大統領ですが、権威を持った人といえば、それはおそらくパラオに2人いる大酋長(High-chief)ではないかと思います。

パラオは16州各州に伝統的な酋長が存在するのですが、中でも東と西を代表する2人の酋長が特に権威があり大酋長と呼ばれています。西はコロールの酋長アイバドゥール、東はマルキョクの酋長レクライです。
Rekrai.jpg
大酋長レクライ

マルキョクではよくこの両者がいっしょにいるところを見かけます。
先日もマルキョクのカフェでちょっとした会談が行われていました。

はじめに大統領が公用車で現れました。大統領だけあってさすがにレクサスで登場。
Lexus.JPG
大統領はレクサス

しばらくしてレクライも車でカフェに姿を現しました。一方こちらは庶民的に日本の中古車。
HChief3.JPG
レクライは中古車

しかし、レクライの乗ってきたよく車を見ると、
HChief.JPG

ナンバーじゃない!

マルキョクの行政府の建物の中には大統領府のそばに首長評議会(Council of Chiefs)というものが存在します。役割は『伝統的な法律と慣習について、また、これらのパラオ共和国憲法と法律との関係について大統領に助言すること』と決められています。

大統領を頂点とする世俗権力と大酋長を頂点とする伝統的価値観に基づく権威。パラオではこの両者が別々に分かれて存在しています。

こういった国ではきっと独裁者のような存在は生まれにくいのだろうと思います。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 16:29| Comment(2) | TrackBack(0) | パラオの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。