2011年02月24日

エネルギー危機

先月のチュニジアに端を発した民主化を要求する反政府デモはその後エジプト、リビアなど中東じゅうに広がりを見せています。
これら産油国の政治的混乱はすでに国際的な原油価格の上昇を招いています。
Egypt.jpg
エジプトの反政府デモ(ロイター)

そしてその影響はここパラオにも出始めています。(厳密にはわかりませんが)
先日、PPUCというパラオの電力会社が3月1日からの電気料金の値上げを発表しました。理由は燃料価格の上昇によるとのことで、1キロワット時(kWh)あたり2.5セント上がって25.6セントになるとのことです。

そもそもパラオでは、現在でも電気料金が世界の先進各国と比べても同水準かやや上回っている状態です。

 ■各国の電気料金(2009年データ 家庭向け 1kWhあたり)
   日本    22.8セント
   イギリス  20.6セント
   フランス  15.9セント
   ドイツ   26.3セント(2007年)
   イタリア  28.4セント
   韓国     7.7セント
Source:OECD/IEA, ENERGY PRICES & TAXES 4Q/2010

コロール州のパラオ人家庭の平均所得は2009年6月現在で約12,078ドル(Household Income Survey 2009)ですから、これらの国々との所得の差を考えるとパラオ人が高額な電気代を払っているかがよくわかります。

ちなみにパラオの物価水準はというと、パラオの統計局(←うちの部門)によると2004年ぐらいから年率4〜5%のペースで上昇してきています(2008年は13%!)。
CPI.JPG
Source: Bureau of Budget and Planning
パラオの消費者物価指数

関連する統計データがこれ以上ないので(これはこれで問題)、これだけでは物価上昇の原因はわかりませんが、パラオはエネルギーや食料品などのほとんどを海外からの輸入に頼っています。今後輸入品価格の上昇によるインフレが起きれば家計はますます苦しくなる気がします。

 電気代値上げ
 ガソリン代値上げ
 食料価格上昇
 飲料容器税導入
 出国税(環境税)値上げ(検討中)
 消費税導入(検討中)

家計にとっては負担増の要因が相次ぐ状況ですが、でもパラオでデモや暴動が起きるほどのパワーは感じないです晴れ

人気ブログランキングへ
posted by yort at 16:27| Comment(6) | TrackBack(0) | パラオ政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

並木道

桜並木やイチョウ並木など日本にもいろいろな有名な並木道がありますが、ここマルキョクにもパラオならではの並木道があります。

BuuTree.JPG
それはビートルナッツ並木です。
メインロードからCapitolの建物に向かって4本のビートルナッツの並木道が延びています。

パラオでは嗜好品としてとてもポピュラーなビートルナッツですが街の中の至る所で見かけます。

まず木の幹の部分から袋のようなものができて、
BuuTree2.JPG
最初は袋ができる

その後それが膨らんでいって皮が剥がれ、
BuuTree3.JPG
それが剥がれて・・

ビートルナッツの実が現れます。
BuuTree4.JPG
この小さな枝のようなところに実が出来る

この実が袋詰めされて市場に出回っています。
ちなみにビートルナッツのことをパラオ語でbuu(ブー)といい、袋詰めされた物はtetといいます。
Betelnut3.jpg
ビートルナッツ

このビートルナッツを噛むのはパラオを含むミクロネシア地域では古くからの伝統で、サンゴを砕いて作った少量の石灰の粉と、コショウ科の木の葉にタバコを加えてチューイングするのですが、最近はこれが口腔ガンを始めとする多くの病気の原因になるとの報告もあるそうです。

うちの同僚とビートルナッツについて話をしていたら、
やめれるものならやめたいわむかっ(怒り)
と半ば逆ギレ気味に言っていました。

これ、タバコと同じように常習性があるそうでなかなかやめられないそうです。そのうちパラオでも禁煙ならぬ禁チュウ(chew)の動きが出たりするかもしれません。


人気ブログランキングへ
posted by yort at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

プレスリリース

パラオでは日本のような地上波のテレビ放送局がなくケーブルテレビ局が1局あるだけです。そのため各家庭ではケーブルテレビを申し込んでテレビを視聴しています。

60チャンネルくらいが受信できるのですが、ほとんどがアメリカやオーストラリアなどの海外のものです。(パラオの子供はこのテレビで英語を覚えているという噂もあります・・)
ちなみにNHKの衛星放送も見れます。

そんななか、パラオのローカルチャンネルももちろんいくつか(2つ?)存在します。
パラオでの様々なイベントの中継から政治の討論番組までいろいろな種類があります。

今日はたまたま副大統領(財務大臣兼任)が出演して、飲料容器のリサイクル法案について喋っていました。(パラオ語なのでほぼ意味不明)
TV.JPG
こんな感じ(写真は大統領)

 副大統領 「いま、リサイクル法案の施行の準備をしています・・」
 自分    「(おー、いよいよかー)
 副大統領 「来月の3月14日から実際に始めます(きっぱり)」
 自分    「(おー言っちゃったよ)
 副大統領 「なお、システム開発はJICAのXXXX(←自分の名前)に
       手伝ってもらってます

 自分    「(おーJICAかー)・・え!?

テレビで名前出すか!?

しかしこれ気軽に引き受けてしまったのですが、今さらながらこれから手を加えようとしてるシステムは国家の税金の徴収システムであることを実感しました・・・

・・・・・
なにげに責任重大

パラオに来て以来初の緊張感のある仕事になりそうです。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。