2011年03月25日

パラオから日本へ

パラオでは本日3月25日を日本の今回の地震、津波による犠牲者のためのMourning Day(追悼の日)とする大統領宣言が発せられました。
21日、トリビオン大統領は貞岡大使に対して「パラオは日本との緊密な歴史的関係があり、パラオ政府及び国民は、日本の政府及び国民に特別な同情の念を抱いており、この困難な状況において、日本の政府及び国民と連帯するため、3月25日を日本の今次大地震及び津波による犠牲者のための追悼の日として、同25日から5日間パラオ国内の旗を半旗とする」旨の大統領宣言を発する旨述べられ、同21日午後にプレス・リリースが発せられました。
 また、同プレス・リリースでは、パラオ政府は3月25日に同国赤十字社と共に、教育省前にて午前9時から午後7時まで募金活動を行う旨全国民に協力を呼びかけました。
(在パラオ日本大使館ホームページより)

職場に行ってみると、マルキョクの国会議事堂の上のパラオ国旗も半旗になっていました。
PalauFlag.JPG
国旗はすべて半旗

また、夕方にコロールの教育省の前に行ってみるとパラオ政府とパラオ赤十字社による募金活動が行われていました。
会場の中でパラオ人の人達と話をしている間にも、大統領の呼びかけに集まった何人ものパラオ人が次々と募金をしていました。なかには小さな子供たちまでもが1ドル札を持って募金箱に入れていました。
Donation.JPG
募金会場
Kom kmal Mesaul はパラオ語でありがとうという意味

地震発生以来、職場などでも「募金をしたいんだけど、どうしたらいいか?」といろんな人達に聞かれていたのですが、そうした人たちは今回この募金に参加すると言っていました。
MessageToJapan.JPG
大統領(右)とパラオの高校生による募金呼びかけのメッセージ

さらに今回、一般のパラオ人家庭のなかから、
「うちで日本人の被災者を受け入れたい」
とパラオ政府に申し出る人が次々と現れたそうです。

こうした外国からの声が被災地に少しでも届けばと思います。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。