2011年04月07日

ファイナル・ミッション

パラオでの生活もあと2ヶ月と少しになりました。
今まで色々な事をしてきましたが、このまま自分が日本に帰ったときに何が一番困るだろうと考えると、やっぱり今まで自分で設定したり、作ったり、暫定的に引き継いだ内容がストップしてしまうことのような気がします。

そんな話をシステム部門の担当者と話していると、彼が
「うちの若いスタッフにぜひそれらを教えてやってくれ!」
と言ってきました。
ISSS.JPG
システム部門のスタッフ

これ一見普通の発言に聞こえるのですが、かつてはこの同じ人が「おまえは日本スパイか?」と言ってマシンルームに入れてくれなかったこともあり、その頃には考えられなかったような言葉です。

ここ1年での色々なトラブル対応(基本丸投げ)のおかげでやっと信頼関係が出来てきた気がします。

とりあえず残りの期間も考えて、下記のミニ・ワークショップをシステム部門向けに行うことにしました。  
  1.メールサーバーとLINUXの基礎について
  2.WebサーバーとHTML&CSSについて
  3.ネットワークのトラブル対応について
  4.PCのトラブル対応とウィルス対策について


今日はその第1回目。
メールのしくみとCapitolでのメールサーバー構成、それに伴って必要となるLinuxの基礎について1時間半ほどワークショップを行いました。(出席者は2名)


ちなみにタイミング悪くちょうどこの準備をしている時に、以前訪問したパラオコミュニティカレッジ(PCC)との間で知らないうちに話が進んでいて、なんとJICAで授業をいくつか受け持つことになっていました。

しかもその内容というのが、  
  ・Webページ作成講座
  ・PCトラブルシューティング講座

と重なりまくり。

授業をするとなると、ある程度の体系的な教材を作ったりする必要があって職場内で行うのと比べて圧倒的に大変なので少し迷いましたが、上記のWebページ作成講座を引き受けることにしました。

もちろんうちのスタッフはこの授業は強制参加で。

PCC.JPG
Palau Commnutiy College(PCC)

同僚やパラオの学生へのコンピュータの授業。
けっこう大変そうですがこの一連の活動がパラオでの最後の仕事になりそうです。

人気ブログランキングへ
ラベル:Linux メール 授業 PCC
posted by yort at 10:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。