2011年05月10日

パラオ人兵士

パキスタン国内でオサマ・ビンラディン氏が米軍によって射殺されたニュースはパラオでもCNNなどを通じていち早く報道されました。
パラオ人はもっぱらアメリカ人と同じようなリアクションで、さすがにお祭り騒ぎにはなっていませんでしたが、うちの家族も同僚も「これで平和になるかな〜」などと言っていました。
BinRadin.jpg
オサマ・ビンラディン

しかしアフガニスタンではまだ戦闘が続いています。
今日はアフガニスタンで戦死したパラオ人兵士の葬儀がマルキョクの国会議事堂内で行われました。
Funeral.jpg
パラオ人兵士の葬儀

爆発に巻き込まれ数名のアメリカ人兵士と一緒に戦死したそうです。
パラオの要人たちに混じって多くのアメリカ軍関係者も参列していたのが印象的でした。

パラオには軍隊(国軍)はありません。
アメリカとの自由連合盟約(COMPACT)に基づき、国防や安全保障の権限と責任はアメリカにあるためで(盟約は2044年まで)、実戦部隊は駐留していないですがアイライ州に小規模な米軍施設が一応あります。

なのでパラオ人の若者はアメリカ軍に志願することで軍人になります。
アメリカ軍に志願すると収入もさることながらアメリカの永住権が得られるそうで、パラオを出て暮らしたい若者が軍隊へ志願することはそれほど珍しくはないそうです。
Afganistan.jpg
アフガニスタンの米軍

今日はこの一人の戦死者のための国をあげての葬儀でした。
ちなみに日本の靖国神社のような施設はパラオにはまだないそうです。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。