2011年05月15日

パラオ的公共事業

日本では先日の大震災からの復興作業が今もなお行われていますが、なかでも一番驚いたがその復旧のスピードです。これは海外のメディアでも取り上げられていましたがNEXCO東日本による常磐自動車道水戸IC〜那珂IC(上り線)の復旧現場です。
jyoban_2.jpg
地震発生当日の3月11日

jyoban2_2.jpg
6日後の3月17日

もちろん一部でしょうが、それでもたった6日で修復してしまったスピードはスゴイと海外メディアがみなこぞって称賛していました。

一方パラオでは・・。
パラオには自然災害はほとんどありません。地震も台風も皆無ですし、もちろん火山の噴火もないし津波も珊瑚礁やロックアイランドが天然の防波堤、防潮堤となりほとんど被害が及ぶことはありません。
そういった意味ではパラオはやっぱり楽園なのかもしれません。

しかしそんなパラオでも、2年ほど前に大雨で幹線道路が陥没してしまうという事態が起こりました。
バベルダオブ島東岸の幹線道路(コンパクトロード)が通行止めになってしまい、コロールに行くためにわざわざ島を逆方向に1周して行かなくてはならなくなり島民の生活に大きな影響を与えました。
CollapsedRoad.jpg
道路陥没当時の2009年8月

これ2年近くたった今どうなってるかというと、
CollapsedRoad2.jpg
2011年5月(1年9ヶ月後)

草生えてきてる・・・。

ちなみに、しばらくは夜間に車でここに突っ込む車が続出したそうです。
今は暫定的にこの道の脇に迂回路を作ってなんとか車が通れるようにしています。

パラオでは基本この、
 1.自然災害発生
     ↓
 2.暫定的に困らない程度に修復
     ↓
 3.放置

のパターンが多いです。

CollapsedRoad3.jpg
暫定対応・・

こないだ思い切って聞いてみたのですが、
 自分    「で、あそこの工事っていつ始まんのー。やんないの?」
 パラオ人 「だってお金ないもん。オカネクダサーイ!

道路のアメリカの支援で造られたのですが、その後は資金も技術も不足してなかなか修理ができないのだそうです。

これ、さすがに自分が帰国するまでには直るだろうと思ってましたが、、甘かったようです。

人気ブログランキングへ
ラベル:パラオ 道路工事
posted by yort at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。