2009年12月17日

値と書式

今日はワークショップの3日目。
テーマはExcelの書式設定(formatting)について。

今日は冒頭で「Excelの書式とは〜」といった概念的なことを説明したのですが、自分の語学的な問題もあり、なかなか思ったように伝えるのが難しく、

『Excelではシート上に表示されている値と実際の値がいつも同じであるとは限らない。』
という基本的なことを理解させるのにとても苦労しました。

実際の設定方法などの手順を教えるのは比較的簡単なのですが、「そもそも○○とは」という概念を教え込むのは本当に難しいと実感。

それでも簡単な例題や絵を駆使して説明し、最後には「分かった」と言っていた(言わせた?)ので何とか理解はしてもらえたのではと思います。

しかも今日、うれしいことに同僚の一人が第1回講習会で使ったMesureUpテストを自分のパソコン上で行うやり方を教えてほしいと言ってきました。
「自分は電話応対とかしないといけないのでワークショップにはなかなかでれないけれど、空いている時間に自席で勉強したい」とのこと。

こういう声は最大限聞いていきたいと思っています。

ただこのワークショップ、いまのところカリキュラムを考えるところから教材作成まで一人で行っているので、

 ・テキストの作成
 ・演習問題の作成
 ・補足教材(スライド、フリップなど)の作成

これを講習会ごとに毎回やらなくてはなりません。しかもこれからだんだん難易度も上っていくので今の週2回開催のペースは結構きついかも。
Text.jpg
テキスト(1、2回目の分)

いずれ講師役も含めたこれらの作業もカウンターパートと分担し、さらには引き継いでいけるようにしていけたらと思います。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/135948348

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。