2010年02月24日

日本語名

パラオでは若者を中心にしてタトゥー(刺青)を入れたりするのが流行っています。フィリピンなどに行くと安い値段(数十ドル)で入れてくれるそうです。

最近よく同僚のパラオ人から、
「自分の名前を日本語で書いて欲しい。タトゥーにしたい。」
と頼まれます。

確かに漢字で自分の名前をタトゥーにしているパラオ人にたまに見かけます。何かちょっとした文化交流っぽいので気軽に引き受けたのですが、

でもこれよく考えると、タトゥーとかにすると、ずっと残るし、人(日本人含めて)に見られる可能性もあり、文字が一人歩きするので、

見た目がかっこ悪くなく、
悪い意味の漢字を含まず、
読み方が何種類もなく(日本人なら)誰でも読めて、
ヤンキーっぽくならない
(夜露死苦みたいに)

ようにちゃんと考えなければならず慎重にならざるを得ません。

しかも、ちょっと候補を挙げてみると
 「これどういう意味?いい意味?」
 「かっこいい??」
と突っ込まれまくります。

実はこれ、すごくセンスが問われるし責任重大だということが分かりました。

ちょうど外国人の新弟子にしこ名をつける親方のような心境になります。

Baruto_Kaito2.jpg
把瑠都(ばると)

HoshiTango.jpg HoshiAndesu.jpg
星誕期(ほしたんご)      星安出寿(ほしあんです)

何とか考え協議の結果とりあえずこうなりました。(3名)

 1.Sonia → ソニア → 疎似亜
 2.Lloyd → ロイド → 露意怒
   (始め『露井戸』にしたらイド(←パラオ語)は嫌って言われた)
 3.Darren → ダレン → 蛇恋

しかしこれは思ってたよりずっと難しい。
漢字がイマイチなやつはむしろひらがなの方がいいかなぁ・・

気軽に引き受けたことをちょっと後悔しました。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 17:45| Comment(1) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良いですね(´・ω・)
Posted by 東京 タトゥー tattoo at 2010年09月18日 17:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。