2010年03月26日

総統訪帛

本日、台湾の馬英九総統がパラオを訪れました。
キリバス、ツバル、ナウル、マーシャル諸島、ソロモン諸島と太平洋諸国を歴訪してきて最後の訪問国がパラオでした。マルキョクでは首都の建物のあちこちに中華民国(台湾)の国旗が飾られていました。
Taiwan.JPG Taiwan2.JPG
マルキョクは歓迎ムード

ちなみにパラオは漢字で書くと帛琉なので台湾では帛琉と書かれます。

パラオにとって台湾は
アメリカ、日本、オーストラリアなどに次ぐ主要な経済支援国であり、

台湾にとってパラオは、
いまや数少なくなった台湾を承認する国の一つです。

中華民国(台湾)を承認し外交関係のある国は年々減少しいまや世界で24ヶ国しかありません。そのほとんどが中南米や前述の大洋州の小国で、経済援助を目当てにしている国が多く、国連などの国際機関では中華民国の意見に賛成するけれども、それほどの政治力を持っていない状態です。

しかし、少数でもこうした承認してくれる国家があることは、主権国家としての存続に必要不可欠だと歴代の中華民国の政権は認識しているそうです。

ここパラオでも、中国との競争関係もあり近年は台湾からの援助が増えてきています。額ではアメリカや日本には及ばないですが、地方州や小規模案件を中心に援助を行っており、その存在感を増して来ています。
マルキョクでも現在、メイン道路の舗装工事や野球場の建設などが台湾からの支援で行われています。
Taiwan3.JPG
台湾支援による開発プロジェクトは多い

午後1時過ぎ、トリビオン大統領に表敬訪問するためにマルキョクの大統領府に到着しました。
前回の陳水扁総統の訪問時は警備が非常に厳しく、親切心から建物のドアを開けようと近寄ったパラオ人国会職員が警備員に殴られて血だらけになったと言っていましたが、今回はそれほどでもなく外国人でも近くまで行くことができました。

大統領府での表敬訪問後、大統領と馬英九総統がそろって国会の中庭に出てきました。
PresidentMa.JPG
トリビオン大統領(左)と馬英九総統(右)
2人はずっと英語で話ししていたので何話してるかと思って近寄って聞いてみたら、

 大統領 「ペリリュー島では先の大戦で激しい戦闘があって
      1万人以上の兵士が亡くなりました。」

やっぱパラオを語るうえでは大東亜戦争は切り離せないか・・。

 大統領 「パラオ語には日本語を起源とする単語が多いんですよ〜。
      デンキバシラとか。」

ん??意外と軽い。


馬総統はその後、コロールに移動して夕方には台湾チームとパラオチームの野球の試合を観戦して、翌日はロックアイランドを訪問して台湾に帰国するそうです。

今日は朝から職場中みんなそわそわしていて何ひとつ仕事になりませんでした。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。