2010年05月31日

6年越しの願い

朝5時にドミを出てタクシーでマニラのニノイ・アキノ国際空港(NAIA)に向かった。マニラ空港は思っていた通りとても近代的な建物だった。

飛行機は7時過ぎに離陸し1時間ほどでネグロス島ドマゲッティ(Domaguete)に到着した。ドマゲッティ空港は地方空港だけあって空港はとても小さく、飛行機から降りて歩いて小さな事務所のようなところに入ると荷物の受け取り場所になっていてそこを出るともう外だった。

外に出るとそこはマニラや北ルソンとは明らかに気候が違っていた。パラオを出て以来はじめての抜けるような青空刺すような強烈な日差し。
ロックアイランドに行ってもこんな強いかどうか・・。

街の雰囲気もとても南国的で椰子の木やバナナの木が並びビサヤ諸島に来た事を改めて実感させられた。
Dumaguete2.JPG
ドマゲッティの街
しかしあまりの暑さに、ホテルにチェックインして街に出かけても長い時間歩いている事ができずにすぐに宿に戻らざるを得なかった。

ここドマゲッティは6年前の協力隊応募の際に一度は派遣が決まった場所。歩いていると当時の配属先となるはずだった大学のコンピューター部門もあった。
その時は結局会社の都合でキャンセルせざるを得なかったが、もし派遣されていたら、ここで働き、この街で2年間暮らしていたと思うと少し不思議な気持ちになった。
ComputerCenter.JPG
大学のコンピュータ室

夕方になり少し涼しくなってきてからまた街に出てみた。日の落ちかけたドマゲッティの街並みは、建ち並ぶ街灯に照らされてとても美しかった。

神戸や横浜のような港町のような雰囲気があり、まだ暖かい風が吹き抜ける海沿いの道を歩いているだけで何だか気持ちがよかった。
Dumaguete.JPG
ドマゲッティの夕暮れ

ドマゲッティに来てやっぱりよかったと思う。
6年前からずっと心のどこかに残っていたしがらみのようなものががすっと消えていくように感じた。
Fireworks.JPG

人気ブログランキングへ
posted by yort at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 任国外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153235483

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。