2010年06月03日

離島間バスの旅

朝になっても体調は依然としてすぐれなかったが、明日のマニラ行きの飛行機に乗るために、何としても今日中にセブ(Cebu)島に入っておく必要があったため無理を押して出発した。
セブ島へは高速船も出ていたが、バスもあるとのことだったのでバスターミナルまでトライシクルで行き、セブ行きのバスに乗った。

ネグロス島のドマゲッティからセブ島のセブシティまで、いったいどうやってバスで行くのかと思っていたら、バスはネグロス島のタンピ(Tampi)という港町で、待っていた貨物船のような大きな船にバスごと乗り込んでいった。
toCebu.JPG
バスごと船に

乗客はその後バスを出て船室に入り、船がセブ島のバト(Bato)に着くと再びバスに乗り、バスはそのまま船を降り、何事もなかったかのように再び走り出した。

フィリピンではこのスタイルの離島間のバス路線は実は一般的で、なかにはマニラからミンダナオ島のダバオ行きのバス路線があったりする

海岸沿いを走るバスの窓から見える風景は南の島のイメージそのままで、車内に流れる現地の音楽ともよくマッチしていてとても気持ちのよいバスの旅となった。
バスはその後も猛スピードで走り続け、出発から4〜5時間程でセブ・シティ(CebuCity)の南バスターミナルに到着した。


セブシティーは都会でマニラ以来の雑踏と喧騒の街だった。
ホテルを探して歩いていると、この街の雰囲気やうだるような暑さで、もともと万全でない体調が悪化してくるのが分かった。今日はゆっくりと休養しようと思い、初日以来2週間ぶりにバスルームつきの個室に泊まった。

ホテルで残ったお金を確認していると、50ドル札と20ドル札が一枚ずつ少ないことに気がついた。
毎日計算しているので間違いない。腰に巻いていた貴重品袋からいつ無くなったのだろうか。
・・・あ!

ドマゲッティで宿泊したドミトリーでのことを思い出した。
そういえば朝起きたとき貴重品袋がTシャツの外に出ていた。暑くて無意識のうちにTシャツをまくったりしているうちに出てしまったのだと思っていたが、改めて思い返すとすごく怪しい。
眠っている間に同室のフィリピン人旅行者のに盗まれた可能性が高い。
DomaDomi.JPG
ドミトリーはあぶない

急に腹が立ってきたがもう遅かった。
それでもパスポートやクレジットカードが残っていたことに少しホッとした。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 任国外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/153235885

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。