2010年08月20日

南の島のムービーナイト

今日はバベルダオブ島西海岸にあるアルモノグイ州で大使館主催の日本映画の上映会がありました。
うちの同僚の一人がアルモノグイから毎日出勤しているので、いっしょに見に行こうということで帰りの車に乗せてもらっていっしょにアルモノグイまで行きました。

島内の幹線道路のコンパクトロードから集落への入り口には日本軍の爆撃機の『彗星』と当時のパイナップル工場の跡があります。この工場では主に沖縄の少女たちが働いていたといいます。
Suisei.JPG
艦上爆撃機『彗星』

pineapple.JPG
パイナップル工場跡

集落へ続く道は舗装されておらず、道を進むと上半身裸の人が歩いていたりとマルキョクよりもさらにいなかといった感じ。集落の中をそのまま進み、小さなビーチが広がっているところに出るとビーチ沿いに今回の上映会場のOld Age Centerがありました。

ビーチ沖にはアルモノグイの州旗のデザインになっているとも言われる通称「一つ目小僧の島」がぽつんと浮かんでいました。
ngaremngui_beach.JPG Ngarmngui_island.JPG
アルモノグイのビーチ(左)と一つ目小僧の島(右)

そのすぐ脇にはアルモノグイ・ドック。日本の統治時代はこの港から日々コロールへと農作物が出荷されていたんだろうと思います。車のない時代、港がそれぞれの地区の玄関でした。
ngaremngui_dock.JPG
アルモノグイのドック


・・・それにしても誰も来ない。
開始予定時刻の6時半が近づいても地元のパラオ人どころか大使館の関係者も誰ひとり来ない。
OldAgeCenter.JPG
誰も来ない

結局、心が折れかけた6時半過ぎになって、やっと人がパラパラと集まりだし、上映会場の電力トラブルも重なり、上映会が始まったのは開始予定時刻から1時間以上経った7時半過ぎ。

ちなみにパラオでは飲み会やパーティからミーティングに至るまで時間通りに始まらないことが基本です。このあってないような適当な開始時刻のことをパラワンタイムといったりします。
時間にルーズなのを正当化しているだけのような気もしますが・・。

今回は久しぶりに完璧なパラワンタイムでした。
movie_night.JPG
やっと上映会スタート

今日の参加者は約80人でした。前の週に行われたコロール(人口12000人)での上映会は54人だったことを考えると人口500人あまりのアルモノグイ州にしては、かなりの参加率だったのではと思います。

ちなみに上映した映画は
みんなのいえ
たそがれ清兵衛

の2本立て。

見に来ていたパラオ人は子供が多かったせいもあって反応はイマイチのよう。さすがにちょっと難しかったかもしれません。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。