2011年02月01日

要件定義 in パラオ

昨日の記事に書いた新しい飲料容器税に対応するため、財務省のシステムを変更する必要があるとのことで、コロールの財務省オフィスに現行システム調査に行ってきました。

システムがあるのはコロールの財務省オフィスから離れた小さな建物。
MalakalOffice.JPG
財務省のある部門のオフィス

いってみるとさっそく担当者がでてきて迎えてくれ、打ち合わせがスタートしました。

 担当者A 「画面からxxと○○を入力できるようにして…」
 担当者B 「えーっと、△△レポートも新たに出力したい」
 自分  「どのくらいの頻度で?どの単位で?」
 担当者B 「毎日かな」
 自分  「じゃあ、新しくxx画面を作って…」
   ・
   ・
  (続く)

いままでのIT担当の同僚に対する技術指導なんかと比べて、エンドユーザーとの要件定義は、相手の要望をすべて理解して汲み上げていかないといけないのですごく難しい・・。

IT担当者とも打ち合わせして
 自分  「これ既存のシステムを修正すると結構時間がかかるよ」
 担当者A 「でも上からはとにかく急げって言われているし…
 担当者B 「じゃあ、とりあえず変更を最小限にした暫定対応にしよう揺れるハート
 担当者A 「ちゃんとした恒久対応は時間ができてからで」

という感じで既存システムは変更しないで、新たにそのためだけの暫定システムを作ることになりました。

うーん。なんかどこの国でも発想が同じ・・・

Customspal2.jpg
既存システム(SQL ServerとVBで作成)

今日はパラオに来る前にいつもしてたような懐かしい議論を久々にした気がします。

人気ブログランキングへ
ラベル:要件定義
posted by yort at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。