2010年07月01日

幻のカットオーバー

おそらく誰も知らなかったと思いますが、実は今日はパラオ日本大使館のホームページ開設日でした。

大使館は今年の2月に初めて常駐大使が着任したばかりのまだ小さな所帯で、ホームページを作成するといってもコンピュータの専門家もおらず、未経験の職員が1人でホームページ作成を担当していました。

大使館の担当者の方からサポート依頼を受けたのが6月上旬くらいで、聞くと7月1日にオープンしたいとのこと。
それ以上の細かい話は何も聞いてない状態で、

  大使館員 「ホームページ作成を手伝って欲しいんですが・・・」
  自分    「あ、いいっすよ(即答)。

とつい受けてしまったのですが、実は一般的なWebページの仕組みを知っているだけでHTMLやCSSについての知識はほぼゼロでした。
(恥ずかしながら)

翌日からアマゾンで関連書籍を探して購入したりネット上の情報を集めて業務の合間に密かに猛勉強(?)しては大使館に足を運んで、本やWeb上で得たばかりの内容を、あたかも元々知っていたかのように

  自分 「ここは自分なんかはこういう風に設定することが多いですね〜
  自分 「ホームページはねーそもそもここの設計が肝なんですよ。
何食わぬ顔でアドバイスしました

EmbHomepage2.jpg
エラそうに教える裏では結構必死・・

普段職場ではパラオ人相手に技術的なことが英語でなかなか伝えられず理解も進まずにストレスを感じることが多かったのですが、今回は日本語の便利さと担当者の方(日本人)の理解の早さにちょっと感動。

無理なスケジュールではありましたが担当者のがんばりもあり、当初の予定どおり6月中に、一応どこへ出しても恥ずかしくないくらいのホームページが完成しました。
EmbHomepage.jpg
在パラオ日本国大使館ホームページ(7/8オープン)

しかし、なんと大使以下職員の都合により最後の承認が間に合わず、結局目標にしていた7月1日の本番稼動が延期に。
ちょっとガックリ来ましたが、でもいつでも本番稼動させられる状態までにはなんとか持ってこれました。

終わったらさすがにちょっとホッとしました。

今回は結構大変でしたがとても勉強になった気がする。
実はパラオに来て今までで一番の達成感だったかもしれないです。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 12:19| Comment(2) | TrackBack(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

まずは構成管理

きょうはキャピタル内で局所的なネットワーク障害がありました。

さっそくコンピュータールームに行ったのですが、ネットワークがどのように接続されているかを表したドキュメントがなく(ないのは知ってましたが)すぐに障害の分析ができず、結局パソコンからネットワークのケーブルを追って一つ一つどう繋がっているかチェックするところから始まりました。
Network.JPG
配線は結構複雑

結局問題は解決したのですがこれだけで半日近く費やしました。

いろいろとやるべきことはあるのですが、やはり今日みたいな障害に備えて、「現状何がどうなってるか」を把握するいわゆる構成管理はやはり必要だと実感。

とりあえず最低限、以下のドキュメントをまとめて最新の状態に維持するところから始めようと思い、
  ・ハードウェア構成図
  ・ソフトウェア構成図
  ・ネットワーク構成図
  ・IPアドレス一覧
  ・ラック構成図


 自分 「やっぱドキュメント作って管理しとかないと障害発生時に
     すぐに分析できないよ」
 IT担当「そうか。やっぱドキュメントは必要だな」
 自分 「じゃあ、やろう!」
 IT担当「うーん。でも俺もう定年だから・・いいよ別に。

そう来るか・・。

じゃあ、とりあえずは自分でやってみて、それを途中からパラオ人に引き継いでもらったほうがいいかなと思い、

 自分 「サーバーを全部調べさせて欲しいんだけど」
 IT担当「なんで?」
 自分 「どういう構成になってるのか知りたいから」
 IT担当「お前は日本のスパイか?
 自分 「いや・・・」

「んなわけねーだろ!」「だいたいパラオのために・・」
っていつもなら言い返すところなんですが、今日は言い返そうとする前に気持ちがポキッと折れました。

久しぶりにガックリきました。

うーん。あんまり無理やり進めようとするとやっぱ反発があるなぁ。
またちょっとやり方を考えないと。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 22:12| Comment(2) | TrackBack(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

仕事がない!

自分の配属先は財務省の予算計画局という部署なので同僚は皆、予算分析官や計画(統計)分析官です。なので普段は予算や統計の仕事をしています。

コンピュータ技術に関しては彼らにとっては本来業務ではありません。
この本来業務ではないことを指導するというのは非常にやりずらい
常に後回しにされるし、そもそもそんなに必要に駆られていないのでやる気がない。

さらに今は同僚が4人だけで普段はオフィスには人がほとんどいません。
Office2.JPG
オフィス 人がいない

ボランティアを要請した当のボスも11月に謎の失踪をしてしまい活動について相談する人がいない状態。

ここは5〜6人の小さな部門なので、
部門のコンピューター環境整備は最初の1〜2ヶ月で終わってしまったし、
同僚へのMicrosoft Officeのワークショップも1月の下旬にが自然消滅してしまいました。

2月以降は同じ財務省内にあるコンピューター部門にいってそこのサポートを非公式に行っています。
そんなわけでここ3ヶ月以上は配属先の仕事は何もしていません。
本当にこの部署でする仕事はもう無いように思う。

そんな状況なので、最近はここに毎日出勤するのが嫌になってきました。そしていったん嫌になると、
  同僚からのしょうもない頼まれごとにムカついたり
  自分だけ片道40分も歩いて通勤してることが理不尽に思えたり
  同僚のパラオ語がよく分からないことにイラついたり
  館内が異常に寒過ぎることにキレそうになったり
  そもそも外人と話すのが疲れてきて(自分が外人か)

  Co-workers.JPG 
  同僚(みんな親切だけど・・)

普段は気にならないような些細なことまで色々なことが嫌になってきて、
もう日本に帰ってもいいかなぁ・・

パラオまで来て仕事(活動)がうまくいかないことでストレスを溜めるとは思わなかった・・・。

でも今日コンピュータールームで調査していると、担当者から
「あなたは私のセンセイ(←パラオ語)。もっと他にもいろいろ教えて欲しい」

些細な一言ですが、また明日からちょっとだけ頑張ろうかな思いました。

いい出来事と悪い出来事の繰り返し。こんな感じであと1年ちょっと続いていくのかもしれません。
Sunset.JPG
マルキョクの夕暮れ

人気ブログランキングへ
posted by yort at 22:34| Comment(8) | TrackBack(0) | ボランティア活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。