2011年05月22日

アドバンス・オープンウォーター

今日は友達がダイビングのオープンウォーター講習(いわゆるライセンス取得)に行くというので、暇だしショップまで一緒について行きました。

機材のセッティングや水中での浮力の取り方などのやり方を習っているのを、懐かし〜と思ってみているとショップの店員の人がやってきて、

「アドバンスコースやりますか?60ドルで今日すぐに取れちゃいますよ」
と言ってきたので、60ドルだと普通にダイビングいくのと同じ料金なので、
「あ、じゃあ。やります。」
ということで思い出作りにアドバンスライセンスに挑戦することにしました。

いくつか決められた中から5つの種類のダイビングをこなす必要があるのですが、ここのショップでは以下の5つを選択していて、 
 1.ドリフト・ダイブ
 2.ボート・ダイブ 
 3.ディープ・ダイブ (水深18m〜30m)
 4.魚の識別ダイブ
 5.ナビゲーション・ダイブ 

パラオでのダイビングは、だいたいボートからのドリフトダイブでメジャーなポイントは軒並み水深20m以上なので、パラオで普通にダイビングしてれば1〜3はもう経験済みということで、今回は4と5だけクリアすればOKとのことでした。

■魚の識別 (午前)
潜りながら魚の種類を色々教えてくれるのかと思いきや、

 先生 「いままでどのポイントで潜りましたか〜」
 自分 「えっと、ブルーコナーとか・・・」
 先生 「じゃ、ブルーコーナーで見たことある魚を20種類書いてください
     はい始めっ!(といって図鑑を渡す)」

えーっと、ナポレオンでしょー、バラクーダでしょー、・・・
と始めは真面目に書いていたんですが10種類くらいで限界。しょうがないので途中からは知ってる魚を手当り次第書いときました。

採点が始まると、

 先生 「シュモクザメなんてホント見たー??
     いることはいるけど超レアですよ」
 自分 「あ・・・、はい。いちおう。
HummerHead.jpg
シュモクザメ・・・レアらしい

でも20種類以上はなんとかあっていたようでOKとなりました。

■水中ナビゲーション (午後)
やっと潜れると思ったら、なんと午後からパラオには珍しく台風が直撃。ショップの前の海も大荒れでしたが決行することに。
水中でコンパスを頼りに方向転換して無事に元の位置に戻ってこれればOKだそうです。

 先生 「方角決めたらまずは海中で目標物を見つけるといいですよ」
 自分 「はーい(といってエントリー)」
 先生 「ま、今日は視界は最悪ですけどね。はっはっはっは。
 自分 「・・・・・」

ホントに何にも見えない!

Typhoon.jpg
台風直撃(イメージです)

1回目、50メートルくらい行って帰ってくるだけのはずがコースを大きく外れてアウト。
しかもあまりのコースアウトぶりに慌てて元の位置に帰って来る途中に何とレンタルのコンパスを紛失!

 自分 「あのー、やっぱ探してきたほうがいいですよねぇ・・?」
 先生 「はい(即答)」
 自分 「・・・・・(ですよね)

という訳で視界が最悪の中、ダメもとで探していたのですが、数分後なんと奇跡的にコンパス発見!

 先生 「すごい!!絶対無理だと思ってましたよ〜
    もうレスキューダイバーのライセンスも一緒にあげたいくらいです」
 自分 「・・・・・(おい)

これですっかり立ち直り、2回目でクリア!
さらに90度ターンを4回繰り返して元の位置に帰ってくる課題も2回目でクリア。

というわけで何とか無事にアドバンス・オープンウォーターのライセンスをゲットしました。
これがあると何のメリットがあるのかはこれからネットで調べてみます。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

パラオの影がなくなる日

常夏のパラオでは年間を通じて平均気温は約28℃とほぼ一定ですが最近は特に日差しが強い気がします。
パラオは赤道近くの北緯7度21分と北回帰線より南に位置しているため年に2回、太陽が真上を通過する時期があります。

■「太陽が真上を通る日」の計算
赤道(北緯0度)から北回帰線(北緯23.4度)の真上を太陽が通過する期間を1年の4分の1(365÷4=91.5日)とすると、1日当たりの移動緯度は、

23.4 ÷91.5=0.2557(度)

よって、パラオの緯度を北緯7度21分とすると太陽がコロールの真上を通過する日の春分、秋分からの日数は

7.21÷0.2557 = 28.19 (日)

ゆえに、春分(3月20日)の28.19日後にパラオの真上を太陽が通過する。

というわけで、上記の単純計算によると今日4月19日は太陽がパラオのちょうど真上を通過する日なんです。

さっそくお昼ごろに外に出てみました。

ホントに影がない!

こんな感じで、
Shadow3.jpg
ちょっと分かりづらい・・

木の影も真下。
Shadow2.jpg

パラオは年中日差しが強いのですが、実際ここ数日は殺人的な日差しです。先週末も屋外で2時間くらいテニスしたら、次の日は体じゅうが日焼けでひりひりしてました。

あと地味ですが、最近は日没後に一気にあたりが暗くなります。
常夏のパラオですが、今が一年で一番南国を感じる時期かもしれません。晴れ
palau2.jpg

人気ブログランキングへ
posted by yort at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

リベンジならず

今日は第8回パラオマラソンが行われました。
実はこれ去年も参加したのですが無謀にも練習せずにフルマラソンに出場したため、後半足にきて最後の10キロ以上は歩きっぱなしで5時間40分くらいかかったという悲惨なレースでした。

その後敗因を分析したところ、最後に足に来てしまったのは靴がランニング用シューズじゃなくて普通の(クッションのない)スニーカーだったのが原因だろうと思い、この日のために去年の5月にわざわざフィリピンまで行ってマラソン用ランニングシューズを買ってきました。

というわけで今年は万全の(?)備えで望むはずだったのですが、2週間くらい前に・・・、

まさかのシューズ紛失(たぶん盗難)もうやだ〜(悲しい顔)
治安のいいパラオなのですっかり油断してました。まさか盗まれるとは・・。

しかたなく去年使ったスニーカーしかなく、しかもつま先から内側にかけての部分が破れていたのでテープで巻いて補強して出ることにしました。
しかたなくフルマラソンは諦めてハーフマラソンの部にエントリー。
shoes.JPG
なんとか補強

朝4時半にコロールで受付をして、その後アイメリーク州のスタート地点まで車で乗せていってもらいました。(スタートは5時半)
marathon2011.jpg
今年はハーフマラソン

しかし、車がアイメリーク州に入ってコンパクトロードから集落へ続く道に入ろうとするところで、

なんか前から人がいっぱい走ってくる。
 「ん・・・?」
 「あ”ー!もうスタートしてる!!

さらにしばらく行くと大会役員の人たちがいたので、
 自分 「なんで待っててくんないのー?まだ5時半前なのにー」
 役員 「だって私の時計はもう5時半過ぎてるから。ほら揺れるハート
 自分 「じゃあもうスタートするよ」
 役員 「あ、もうちょっと(←適当)後ろの辺からねるんるん

というわけでなんと5分ぐらい遅れて最後尾からスタートするハメに。

始まる前からなんかアクシデントありすぎで、しかも途中でスコールが来てびしょ濡れになるし何回か心が折れかけながらもなんとかペースを守ってアイライ州の中間地点まで到達。
ハーフマラソンリレーの選手はみんなここで第2走者に交代。
marathon1.JPG
中間地点付近(まだ元気)

後半も途中までは順調でしたが途中からアップダウンが激しくなって最後3キロくらいはやっぱし足に来てかなりのペースダウン。
一瞬昨年の悪夢が頭をよぎるも、今年はもう先が見えていたのでなんとか歩くことなくPPRまでたどり着きそのままゴール。
marathon2.JPG
なんとかゴール


結局タイムは2時間15分ぐらい。
順位は・・・・最後尾スタートだったのでよく分からずじまいでした。

ちなみに今年はパラオ鉄人会(?)からも4人が参加しました。
自分のほかはフルマラソンに1人、ハーフマラソン・リレーの部に2人(1チーム)参加で全員完走でした。
ironcluib.JPG
パラオ鉄人会

パラオマラソン、今年もやっぱしきつかった。
でもみんなで出るとちょっとだけ(本当にほんのチョッとだけ)楽しいかも。
marathon4.JPG

人気ブログランキングへ
posted by yort at 16:11| Comment(2) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。