2010年05月23日

極限のバス旅

バギオからさらに北のサガタ(Sagada)という街に向かうため、朝早くからバギオ郊外のバスターミナルに向かいました。バスはガラガラでしたが定刻どおり7時半にターミナルを出発しました。
BagioBusstop.JPG
バギオのバスターミナル

出発後すぐに眠ってしまっていたのですが、気がつくと途中からどんどん人が乗車してきて気がつくとバスは補助座席も含めて満席に。自分のとなりにもよりによってかなり恰幅のいいフィリピン人のおばさんが座ってきました。

狭いバスでただでさえきついのに余計きつい。しかもバスは山道に入って行き、右カーブのたびに彼女が惜しげもなく全体重をかけてくるのでリアルにつぶれそうになり、
「早く降りろ!」心の中で何回もそう思う始末。
Bus1.JPG Bus2.JPG
一見きれいだけど車内はけっこう劣悪

それでもしばらくまた眠っていたのですが、今度は目覚めると、なんか明らかに腹の調子が悪いたらーっ(汗)。最初のうちはそれでも我慢していたのですが、ほぼ身動きできない状態なうえに悪路の振動でどんどん悪化爆弾

これはあきらかに食中毒。きのうのスティックマンゴーかトウモロコシか?それともどこかで飲んだ水か?

時計を見ると到着予定時刻までまだ5時間くらいある。なんとか我慢して乗り切ろうと思ったのですが、これはレベルを遥かに超えた苦痛。1時間くらいでついに限界に。
すでに、我慢できるかどうかという問題ではなく、もうこの緊張の糸がいつ切れてしまうかという時間の問題だと思い、

 自分 「ここで降ろしてくれ〜!」
 運転手「もうちょっとでバス停だから待て」
 自分 「いや、降りる」
 運転手「あと10分だ」
 自分 「もうダメ限界ちっ(怒った顔) ホントにここでするぞ!」

鬼の形相で訴えたところ、やっとバスが停車してくれました。
自分は結構後ろの座席だったのですが、バスが止まった瞬間、補助席まで満席だったはずのバスの中に奇跡のような一本の道ができました。
Jikkai2.jpg
イメージです(『十戒』より)

すかさず草むらにダッシュダッシュ(走り出すさま) 50人近い乗客を待たせたままでしたが他に手段がなかった。。。

これがこのあとさらに2回。

最後はバスに戻ると、なんと乗客の一人が親切にも抗生物質とコップに入ったお湯を持って待っていてくれたので、「なんて親切な。。」と思ってよく見るとその人はあのとなりのおばさんでした。
親切に涙が出そうになった・・。

その後、サガタまでの道のりはとても美しい風景が広がっていたのですが、すでに力を使い果たし廃人のような状態でそれを楽しむ余裕はまったくなくいままバスはサガタに到着。
RoadtoSagada.JPG
サガタまでの山道

サガタにつくとバス停から一番近くのホテルにチェックインし、あとは一日ゆっくり休むしかなかった。
SagadaHotel.JPG
サガタ・ゲストハウス

あの数時間でもう一生分我慢したのではと本気でそう思います。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 18:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 任国外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月21日

夏の首都

一夜明けてホテルの外に出てみると昨夜とは街のイメージはガラッと変わりそこは静かでいたって健全な街でした。
とりあえず街に出て買い物などをしているといろいろな人に話しかけてくる。。

 フィリピン人「Hello!どこから来たんだ?」
 自分     「パラオから。日本人だけど。」
 フィリピン人「おーパラオか。知ってる知ってるー。えーっと、
         どこの近くだっけ?日本?タイ?シンガポールか?」
 自分     「いや、ぶっちぎりでフィリピンですけど
 フィリピン人「・・・・」
 自分     「・・・(知らないじゃん)

パラオが独立国であることを知らない人も多く、パラオから見るとフィリピンはとても重要な国だけどフィリピンから見るとパラオは世界中の多くの出稼ぎ先の1つにすぎないのだと実感。

この日はアンヘレスを出て、ルソン島北部の中心都市のバギオ(Baguio)まで行くことにしました。

宿の主人によると少し北のダウ(Dau)という街のターミナルからバスが出ているらしく、遠くて歩いていくのは無理なのでトライシクルで行けとのこと。料金は大体100ペソだそう。
さっそくホテルを出てトライシクルを捕まえ料金交渉開始。

  自分  「ダウのバスターミナルまで。いくらだ?」
  運転手 「いくら払う?」
  自分  「うーん、50ペソ!」
  運転手 「70!」
  自分  「60!」
  運転手 「OK!」
60ペソになったが、初日なので相場が感覚的に分からない。
適正なのかボられてるのか・・・。
Angeles5.JPG Angeles6.JPG
庶民の足 トライシクル

ターミナルに着くと今度はやたら親切な男が現れ、頼んでもないのにバスの手配から外貨両替など勝手にいろいろ世話してくれ、さらにはバスまで案内してくれ、
  男   「バス代は500ペソだ、俺が払ってきてやる」
  自分 「はい(と言って払う)」
  自分 「(こいつ、なんていい奴だ・・)」

あとで運転手が来て切符を切ってくれたのですが切符を見ると270ペソ。これは完全にうまいことやられた・・・。

バスはターミナルを出てしばらくすると、途中からは急な山道をずっと走り続け、4〜5時間ほどでバギオのバスターミナルに到着。
Baguio.JPG
山道を走るバス

バギオはルソン島の高地にあり1年を通じて比較的涼しく、フィリピンでも有数の避暑地であると同時に、夏の間は首都機能がマニラから一時的に移転するとのこと。街を歩くとちょっと垢抜けていてとても都会的。
Baguio3.JPG Baguio4.JPG
バギオの街

Baguio2.JPG
ショッピングモールもある

ここは標高1500メートルの高地。街の雰囲気も空気も全く違う印象でした。夕暮れのバギオはとても涼しかった。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 任国外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

夜の街

パラオでのボランティア生活ももうすぐ1年を迎えるので、ちょっと気分を変えようと思い、任国外旅行の制度を利用してフィリピン旅行に出かけることにしました。

パラオ空港でいきなり飛行機の出発が1時間半遅れるというアクシデントがあり、予定では明るいうちに着いて現地でホテルを探すはずだったのですが、フィリピンのクラーク空港の着いたときにはすでに日もどっぷりと暮れ時計の針は午後8時を回っていました。
Angeles4.JPG
クラーク空港到着

しかもクラーク空港は国際空港とは思えないほど閑散としていて、空港内も周辺にもお店も何もなく外に出ると真っ暗。。。乗客はほぼすべてフィリピン人で外国人旅行者はほぼ皆無だし、さっそくタクシーの運転手が寄ってきては法外な金額を言ってまくし立ててくるし。
のっけからいきなり心が折れそうになりましたバッド(下向き矢印)

しょうがないので近くのなるべく安全そうなジプニーバスを探して、とりあえず最寄のアンヘレス(Angeles)という街へ向かうことにしました。車内はシンガポール帰りのフィリピン女性が2人。話をしているうちにアンヘレス市内に到着。

アンヘレスに着いて、とりあえずホテルを探そうと街中を歩き出したのですが、ここはフィリピン随一の歓楽街
道の両側にいわゆるカラオケバーゴーゴーバーがずらーっと並んでいてお店のホステスやそれを目当ての旅行者で溢れかえっていました。
フィリピンと聞いて多くの人(自分も)がイメージするまさにそんな光景!!
Angeles.JPG

Angeles2.JPG
アンヘレスの街(夜)

大量の車やバイクが猛スピードで容赦なく道を走りぬけていくし、人も多くて街全体が何だか雑然としている。東南アジアではよくある街並みなのだろうけど、1年間のパラオ生活のせいでこれはかなりの恐怖。。

ちょうどコンビニを見つけたので逃げ込むように店内に入って現在地を確認しながらホテルを探し、なんとか3〜4件目のホテルにチェックイン。少し高かったけど初日だし夜なので安全を最優先してちょっといいホテルにしました。
Angeles3.JPG
久々のコンビニでひと息

その後少し街を回ったが、どこいっても街じゅう若いフィリピン人と外国人のカップルだらけ。
食事をとって夜遅くホテルに戻る頃も夜の街アンヘレスはまだまだ活気に溢れていました。夜

人気ブログランキングへ
posted by yort at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 任国外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。