2011年05月15日

パラオ的公共事業

日本では先日の大震災からの復興作業が今もなお行われていますが、なかでも一番驚いたがその復旧のスピードです。これは海外のメディアでも取り上げられていましたがNEXCO東日本による常磐自動車道水戸IC〜那珂IC(上り線)の復旧現場です。
jyoban_2.jpg
地震発生当日の3月11日

jyoban2_2.jpg
6日後の3月17日

もちろん一部でしょうが、それでもたった6日で修復してしまったスピードはスゴイと海外メディアがみなこぞって称賛していました。

一方パラオでは・・。
パラオには自然災害はほとんどありません。地震も台風も皆無ですし、もちろん火山の噴火もないし津波も珊瑚礁やロックアイランドが天然の防波堤、防潮堤となりほとんど被害が及ぶことはありません。
そういった意味ではパラオはやっぱり楽園なのかもしれません。

しかしそんなパラオでも、2年ほど前に大雨で幹線道路が陥没してしまうという事態が起こりました。
バベルダオブ島東岸の幹線道路(コンパクトロード)が通行止めになってしまい、コロールに行くためにわざわざ島を逆方向に1周して行かなくてはならなくなり島民の生活に大きな影響を与えました。
CollapsedRoad.jpg
道路陥没当時の2009年8月

これ2年近くたった今どうなってるかというと、
CollapsedRoad2.jpg
2011年5月(1年9ヶ月後)

草生えてきてる・・・。

ちなみに、しばらくは夜間に車でここに突っ込む車が続出したそうです。
今は暫定的にこの道の脇に迂回路を作ってなんとか車が通れるようにしています。

パラオでは基本この、
 1.自然災害発生
     ↓
 2.暫定的に困らない程度に修復
     ↓
 3.放置

のパターンが多いです。

CollapsedRoad3.jpg
暫定対応・・

こないだ思い切って聞いてみたのですが、
 自分    「で、あそこの工事っていつ始まんのー。やんないの?」
 パラオ人 「だってお金ないもん。オカネクダサーイ!

道路のアメリカの支援で造られたのですが、その後は資金も技術も不足してなかなか修理ができないのだそうです。

これ、さすがに自分が帰国するまでには直るだろうと思ってましたが、、甘かったようです。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオ政治経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

パラオ人兵士

パキスタン国内でオサマ・ビンラディン氏が米軍によって射殺されたニュースはパラオでもCNNなどを通じていち早く報道されました。
パラオ人はもっぱらアメリカ人と同じようなリアクションで、さすがにお祭り騒ぎにはなっていませんでしたが、うちの家族も同僚も「これで平和になるかな〜」などと言っていました。
BinRadin.jpg
オサマ・ビンラディン

しかしアフガニスタンではまだ戦闘が続いています。
今日はアフガニスタンで戦死したパラオ人兵士の葬儀がマルキョクの国会議事堂内で行われました。
Funeral.jpg
パラオ人兵士の葬儀

爆発に巻き込まれ数名のアメリカ人兵士と一緒に戦死したそうです。
パラオの要人たちに混じって多くのアメリカ軍関係者も参列していたのが印象的でした。

パラオには軍隊(国軍)はありません。
アメリカとの自由連合盟約(COMPACT)に基づき、国防や安全保障の権限と責任はアメリカにあるためで(盟約は2044年まで)、実戦部隊は駐留していないですがアイライ州に小規模な米軍施設が一応あります。

なのでパラオ人の若者はアメリカ軍に志願することで軍人になります。
アメリカ軍に志願すると収入もさることながらアメリカの永住権が得られるそうで、パラオを出て暮らしたい若者が軍隊へ志願することはそれほど珍しくはないそうです。
Afganistan.jpg
アフガニスタンの米軍

今日はこの一人の戦死者のための国をあげての葬儀でした。
ちなみに日本の靖国神社のような施設はパラオにはまだないそうです。

人気ブログランキングへ
posted by yort at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | パラオの習慣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

パラオの影がなくなる日

常夏のパラオでは年間を通じて平均気温は約28℃とほぼ一定ですが最近は特に日差しが強い気がします。
パラオは赤道近くの北緯7度21分と北回帰線より南に位置しているため年に2回、太陽が真上を通過する時期があります。

■「太陽が真上を通る日」の計算
赤道(北緯0度)から北回帰線(北緯23.4度)の真上を太陽が通過する期間を1年の4分の1(365÷4=91.5日)とすると、1日当たりの移動緯度は、

23.4 ÷91.5=0.2557(度)

よって、パラオの緯度を北緯7度21分とすると太陽がコロールの真上を通過する日の春分、秋分からの日数は

7.21÷0.2557 = 28.19 (日)

ゆえに、春分(3月20日)の28.19日後にパラオの真上を太陽が通過する。

というわけで、上記の単純計算によると今日4月19日は太陽がパラオのちょうど真上を通過する日なんです。

さっそくお昼ごろに外に出てみました。

ホントに影がない!

こんな感じで、
Shadow3.jpg
ちょっと分かりづらい・・

木の影も真下。
Shadow2.jpg

パラオは年中日差しが強いのですが、実際ここ数日は殺人的な日差しです。先週末も屋外で2時間くらいテニスしたら、次の日は体じゅうが日焼けでひりひりしてました。

あと地味ですが、最近は日没後に一気にあたりが暗くなります。
常夏のパラオですが、今が一年で一番南国を感じる時期かもしれません。晴れ
palau2.jpg

人気ブログランキングへ
posted by yort at 18:45| Comment(2) | TrackBack(0) | パラオ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。